フィジオアクティブ 〜TFCC損傷〜|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

フィジオアクティブ 〜TFCC損傷〜

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です!

 

今日はフィジオアクティブ の対応疾患「TFCC損傷」のお話をしていきます。

TFCCとは、「三角繊維軟骨複合体」のことで、手首の小指側にあります。複数の靭帯腱鞘、軟骨で形成され、手関節の支持と円滑な運動の役割を担っています。また、手首への衝撃を和らげるクッションのような役割も果たしています。ちょうど膝の半月板の様なイメージですね。

TFCC損傷は、このTFCCの一部の靭帯や軟骨の損傷が原因で起こります。症状として出てきやすいのは手を衝くと痛む、フライパンなどを持つと痛い、ドアノブを回すと痛いなどです。具体的には小指側に手首を倒す手首を外側にひねるなどの動作をする事でこのTFCCが圧迫され痛みを引き起こします。

この怪我はテニスなどのラケットスポーツをする選手に多く見られます。フォアハンドでトップスピンをかけるように球を売った際にTFCCに強い圧迫力がかかり怪我をしてしまいます。そのほかのスポーツでは手を衝いた時に受傷しやすいです。

手首の捻挫と間違えやすいですが、なかなか痛みが取れなかったり、手首を返すことができなかったりが特徴になります。レントゲン撮影では映らないので、病院でも誤診の多い疾患かもしれません。

治療は基本的に固定をして手首の安静をはかります。しかし、軟骨の損傷の場合は、膝の半月板と同じようにほとんど再生しないと言われているので高い強度でのスポーツを続けるためにはオペになることが多いです。

 

今回紹介しているフィジオアクティブ は靭帯の損傷などにも高い効果を発揮しますので、ただ固定をするよりも早く治ることが期待できますよ!

上記の通り軟骨の損傷にはあまり効果が発揮されませんのできちんと診察をしてからになります。自己判断で軽い捻挫だからと思っているとなかなか治らないこともありますので早めの受診をお勧めしますよ!

 

 

 

『求人情報』 募集要項変更をしました。

柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師のお知り合いがいる方是非ご紹介ください。

詳しい内容は まろん【ホームページ】より採用情報をご確認下さい。