失明の危険も・・ 緑内障の怖さとは?|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

失明の危険も・・ 緑内障の怖さとは?

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

 

今日は緑内障のお話です。 皆さんも聞いたことのある病気ではないでしょうか?

 

緑内障は「視野」が欠けていく眼の病気です。 中途失明の原因の第1位にもなっている怖い病気ですね。 原因としては目を丸く保っている眼圧が高まり、視神経を圧迫することが原因で起こります。

視神経は網膜に映った像を脳に伝えている神経です。緑内障は視野が少しずつかけていく病気なので、脳が勝手に欠けている部分を補ったり、反対側の目からの情報などで補ったりする為気づけないことが多いです。

「視野の一部がかけていたら気がつくよ」と思った方もいるかもしれませんね。

皆さん人間の目には盲点と呼ばれる見えていない部分があることはご存知でしょうか? その盲点を考えるとわかりやすいかもしれません。盲点は普段普通に生活してきて意識できることはありませんよね? これは緑内障の時と同じく脳が補ったり、反対の目からの情報を合わせていることで見えているように感じているだけなのです。

緑内障では自覚症状がでてきた時にはすでに視野も視力も低下してしまっている為、早い段階での発見が重要です。 一番重要なのは眼圧の検査です。 眼圧が過剰に高まっていると緑内障を発症する原因となりますので治療が必要になります。 同じように視野の欠損がないかを調べる検査を受け、欠損が見つかれば治療が必要になります。

 

見えにくさを感じている方はもちろん、そうでない方も40を過ぎたら定期的に検査を受けることをお勧めします!

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付