肺を元気に保ちましょう!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

肺を元気に保ちましょう!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です!

 

皆さん、軽い歩行などの日常生活で息切れを起こすことはありませんか?

実は肺も老化を起こします。 肺は呼吸をすることで、空気中の酸素を血液に取り込み、心臓を介して全身に運びます。また、肺に送られて来た二酸化炭素を多く含む血液から二酸化炭素を呼気として体外に排出しています。 この酸素と二酸化炭素の交換を肺は休むことなくずっと続けています。 この肺の機能は年齢とともに次第に衰えていくのです。

呼吸は胸やお腹の筋肉、横隔膜などの働きも関与して来ますが、これらも年齢とともに衰えていってしまいます。 また、喫煙や大気汚染、呼吸器の病気などによっても多大な影響を受けます。 肺は外気と触れる為、他の臓器よりもダメージを受けやすいと言われています。

 

冒頭に書いた息切れですが、実は呼吸器や心臓が健康な人は激しい運動をしないと普通起こりません。ですのでただ普通の速度で歩いているだけで息が切れる、 日常の動作だけで息が切れる、という方は要注意です。年齢のせい、タバコを吸っているせい、と安易に考えず、病院で病気の有無を確認してください。

例えば息切れの他にも咳や痰が出るなどの場合にはCOPD(慢性閉塞性肺疾患)という肺の生活習慣病や、インフルエンザ、肺がんや肺結核などの様々な病気で起こることがあります。 安易な考えが命を脅かすことになるかもしれませんよ。

 

肺を健康な状態に保つために重要なことは「禁煙」「運動」「食事」「感染症対策」が重要です。

喫煙はCOPDの最大のリスクになりますし、肺がん、喉頭がん、食道がんをはじめとする様々ながんや心筋梗塞、脳梗塞のリスクを高めます。 ぜひ健康のために禁煙に取り組んでください。 禁煙をするのに遅すぎるということはありませんよ。

運動は今より1000歩多く歩く、家事を積極的に行うくらいでも十分に効果があります。無理をしない範囲でやっていきましょう!

食事は太り過ぎに注意が必要です。太りすぎると、活動性が低下して息切れの原因にもなります。逆に痩せすぎにも注意が必要です。 痩せすぎも呼吸器の働きが弱くなる原因になりますよ。

感染症は肺の老化が進んでいると、ちょっとした病気が重篤な症状になりかねません。

 

自分の肺の健康のために今一度生活を改めてみてはいかがでしょうか?

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付