朝のトイレはなぜ混むの?|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

朝のトイレはなぜ混むの?

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

 

今回のタイトル、電車で通勤・通学をしている方なら一度は経験があると思います。 朝の駅のトイレはなぜかとても混んでいます。 もちろん朝の通勤の時間で利用者が多いと言うのもありますが、実はみんな同じ時間にトイレに行きたくなるのには人の身体の仕組みが関係しています。

前の日に食べたものは、主に蠕動(ぜんどう)と呼ばれる胃腸の動きにより、胃・小腸から1日かけて大腸へと運ばれます。蠕動とは、胃腸のくびれた部分が排泄方向に向かって進む運動で、内容物は歯磨きのチューブをしごくように移動します。 このように食べたものは蠕動で運ばれますが、大腸下部では蠕動はほとんど怒らないので、内容物はこの部位にとどまって固形化されます。

普段は動かない大腸下部にも、1日に1、2回、大蠕動と呼ばれる強い蠕動が起こります。 これにより、とどまっていた内容物は一気に直腸へ押し出され、トイレに行きたくなるのです。大蠕動は食事などの刺激がきっかけとなることが多く、特に朝食後に起こるのでこのような事態になってしまうのです。

駅で焦らないようによく使う駅の穴場を探しておくと良いかもしれませんね。

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付