骨の働き|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

骨の働き

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

 

信念や気概を持った人を「骨のある人」というように、骨には変化しない柱のようなイメージがあります。ですが、わたしたち人間の骨は日々その形を変えていることをご存知ですか? 実は骨のなかでは、骨を壊す細胞と骨を作る細胞が共存し、古くなった骨をどんどん新しいものに変えているのです。

そもそも、骨はなんのために存在するかご存知ですか? もちろん体を支える柱のような役割もありますし、肋骨や背骨は臓器を守る役割も果たしています。 ですが、骨が持つ働きはそれだけではなく、カルシウムを貯蔵する役割も果たしています。

カルシウムは、体を作る細胞が生きていくために必須なミネラルです。 人の体には約1kgのカルシウムがあり、その99%が骨や歯に貯蔵されています。 食べ物に含まれるカルシウムが吸収されると骨に蓄えられているんですね。 そしていざ全身でカルシウムが必要になると骨からカルシウムが溶け出し、血液によって運ばれます。

ところが、この貯蔵のバランスが崩れ、骨のカルシウムが減ってしまうと骨粗鬆症が起こります。 カルシウムが減った骨は体を支える力が弱るため、骨粗鬆症では骨折をしやすくなってしまうのです。

つまり骨はカルシウムを貯めておくことで丈夫さも補っているのです。 まさに一石二鳥の働きですね。 カルシウムは皆さんご存知の通り牛乳に多く含まれています。他にも骨ごと食べられる小魚や、納豆などの大豆製品にも多く含まれるので、乳製品が苦手な人は積極的に食べることで骨粗鬆症の予防につながりますよ。

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「顔ばり始めました」