膝の悩みQ & A|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

膝の悩みQ & A

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

皆さんやその周りに膝が痛くて病院に行ったら「老化ですね」と言われた方はいませんか?  そのほとんどの方は「変形性膝関節症」と呼ばれる状態に膝がなっていて痛みを出しています。 今日はそんな膝関節症の患者さんによく聞かれる疑問にお答えしていきますよ。

 

・変形性膝関節症ってそもそもどんな状態?

変形性膝関節症は膝関節の滑りをよくし、クッションの役割も果たす軟骨が磨り減り、なくなっていくことで太ももの骨とスネの骨が直接こすれあい変形するせいで膝に痛みや腫れなどが生じ、歩行などの日常生活が制限されてしまう病気です。 特徴的な症状としては「立ち上がる時などの動き始めの痛み」「階段の登り降りでの痛み」「正座などの膝を深く曲げる時の痛み」などが挙げられます。 状態によっては膝に水が溜まることもあります。

 

・どんな人がなりやすいの?

変形性膝関節症は年齢の他にも、性別、遺伝、使いすぎ、肥満などの原因が挙げられます。 一般に女性の方がなりやすく、特に55歳を過ぎると多くなるため、女性ホルモンの影響もあると言われています。

 

・治るの?

痛みを抑えることは可能です。 しかし、関節の軟骨が元通りになったり、曲がった膝が元に戻るわけではありません。あまり状態がひどい場合には膝に人工関節を入れる手術をお勧めする場合もあります。

 

・溜まった水は整形外科などで抜くとクセになる?

膝の水は炎症によって溜まっていきます。 抜いたから溜まるわけではないのでクセになるというのは間違えで、水が出てくる原因が解消されていないうちは抜いてもすぐに溜まってしまうのです。 もちろん人間には溜まった水を吸収していく働きもあるので、炎症が治まっていないのに無理に抜く必要はあまりないかもしれません。

 

・サプリメントは有効?

サプリメントにより磨り減った軟骨が回復するという医学的データはありませんし、軟骨が非常に回復しにくい組織であることを考えてもサプリメントでどうにかできるというのは少し無理がある気がします。

 

よく聞かれる質問と答えを列挙してみました。 皆さんの気になる疑問は載っていましたか?   もし他に気になることがあれば是非聞いてくださいね。

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美顔鍼灸始めました」