善玉コレステロールを増やそう!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

善玉コレステロールを増やそう!

  • スタッフブログ

 

運動で善玉コレステロールを増やそう!

 

動脈硬化に関わる血液中の脂質には、主に動脈硬化を進める「LDLコレステロール」と、動脈硬化を抑える「HDLコレステロール」があります。また、LDLコレステロールの味方をし、一方でHDLコレステロールには敵のように働いてその数を減らす「中性脂肪」も血液中の脂質の一つです。これらのうち、HDLコレステロールだけは、「食事」で値を改善させることができません。しかし、適度な「運動」を習慣化することで増やすことができます。

ある調査では、1日の歩数が多ければ多いほど、HDLコレステロール値が高くなることがわかっています。

 

HDLコレステロールと中性脂肪は“シーソー”のような関係にあるため、運動によってHDLコレステロールが増えれば、中性脂肪は減ることになります。それにより動脈硬化の進行を防ぎ、「冠動脈疾患」などのリスクを下げることができます。

ただし、LDLコレステロールの場合、運動での減少効果は望めません。しかし、別の理由で動脈硬化の進行を抑えられるため、運動には大変大きな意味があります。具体的には、身体中の血流が良くなって血栓(血液の塊)ができにくくなったり、血圧や血糖値をコントロールできたり、ストレスの解消になるなどの効果があります。これらにより、冠動脈疾患を多面的に予防することもできるので、LDLコレステロール値だけが高い人も、積極的に運動しましょう。

 

運動の中でも特に効果的なのは、速歩きやジョギングなどの「有酸素運動」です。少し息が切れるくらいの「ややきつい」と感じる程度の速さで、1日30分以上行うことが勧められます。一度に30分以上運動するのが難しい場合は10分間を3回など、小分けにしてもかまいません。これをできれば毎日、あるいは週に180分以上継続していくのが効果的です。

 

“毎日屋外で歩くのは難しい”という人に勧められるのが、「ベンチステップ運動」です。これは、20cm程の高さ(体力に自信がない人は10cmでもよい)の台を上り下りする運動です。上って下りるまでを1サイクルとして、1分間に20サイクルほど、毎日行いましょう。お尻や太ももの筋力をつけることもできます。

 

日常生活での動作(身体活動)にも、運動効果があります。例えば「掃除機をかける」「台所の作業をする」「一緒に遊んだりして子供の世話をする」などを約20分間行えば、速歩きなら約15分間、ジョギングなら約10分間行ったのと同等の運動量になります。

 

特別に運動する時間をつくるだけでなく、日頃から意識して、日常生活を活動的に過ごすことが大切です。

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美容鍼灸始めました」