囲碁や将棋で脳を活性化させよう!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

囲碁や将棋で脳を活性化させよう!

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今日のテーマは、「囲碁や将棋を楽しむ」です。

 

・対戦相手と駆け引きしながら思考力や想像力を鍛えよう!

 

昔から囲碁や将棋は中高年の趣味として人気ですが、頭を使って対戦するこれらのゲームは、楽しみながら脳を広く活性化させることから、脳の老化予防の面から見てもとても有効だと考えられます。アメリカの研究でも、チェスなどのボードゲームを習慣にしている高齢者は、認知症になるリスクが低くなることが報告されています。

 

 

囲碁や将棋を楽しむには、ルールや戦術を理解したり覚えたりして作戦を立て、何手か先を読みながら最善の一手を考えなくてはなりません。また、対戦者の表情、しぐさなどから相手の出方を探ったり予測したりする駆け引きも必要です。この時、思考、想像、集中、注意などに関わる前頭葉や、記憶に関わる側頭葉などが活発に働くのです。また、指先を使って碁石や駒を動かすので運動に関わる前頭葉の運動野や、盤上の石や駒を認識するために、視覚に関わる後頭葉なども活性化されます。このように、囲碁や将棋に没頭しているときの脳は、広範囲にわたって活発に働いているのです。

 

 

また、脳の働きでもう一つ見逃せないのが、仲間との交流です。共通の趣味を通して楽しい時間を過ごしたり、コミュニケーションをとったりすることは、脳を強く活性化します。さらに、対戦相手を増やしていくと、それだけ脳が受ける刺激も多くなります。こうしたことが脳を若々しく保つ大きなポイントになると考えられるのです。

 

 

かつての愛好者はもちろん、なんとなくルールを知っているという人や、まったくやったことがないという人も、これを機に囲碁や将棋を始めてみてはいかがでしょうか。まずは、囲碁や将棋のサロン、スクール、カルチャーセンターに通うなどして仲間に加わりましょう。

 

 

慣れないうちはルールを間違えたり、なかなか勝てなかったりするかもしれませんが、勝ち負けにこだわるより、ゲームをきっかけに相手との会話を楽しんだり、友好を深めたりすることの方が、脳の活性化には効果的です。上手下手はあまりきにせず、週に1回でも仲間と一緒にゲームを楽しみましょう!

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美容鍼灸始めました」

羽村市双葉町2-1-33
TEL 042-578-9146
HP http://www.maronshinkyuu.com