安全に食べるためのポイント!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

嚥下障害について

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は嚥下障害について紹介します。

 

食べ物や飲み物、唾液などを飲み込むと、口から喉を通って食道、胃へと送られます。これを「嚥下」といいます。

 

 

のどは、飲食物、空気、声が行き交う場で、これらの共通の通り道である「咽頭」と空気や声の出入り口である「喉頭」の2つからなります。咽頭と喉頭は前後に位置し、食べ物などを飲み込むとき、喉頭は空気の出入り口を守る「喉頭蓋」などの関門によって保護されます。

 

飲み込む時は、咽頭は喉頭蓋などによって閉じ、飲食物は食道に送られます。しかし、喉頭が閉じるタイミングがずれたり、咽頭の動きが不良であると、飲食物が誤って気道に入ってしまいます。これを「誤嚥」といいます。

 

このように、飲み込む過程のどこかに異常が生じ、うまく飲み込めなくなった状態を「嚥下障害」と呼びます。

 

嚥下障害があると、次のような様々な問題が起こりやすくなります。

 

 

・誤嚥性肺炎、窒息

「誤嚥性肺炎」は、特に高齢者に多い肺炎で、食べ物などが誤嚥によって気道に入り、その先の肺に送られてしまうことで起こります。食べ物自体も炎症の原因になりますが、一緒に肺に入ってきた細菌が食べ物を栄養にして増殖し、炎症を引き起こすこともあります。また、誤嚥したものが気道に入って詰まると「窒息」を起こします。

 

・低栄養、脱水

ものをうまく飲み込めなくなると、食事や水分をあまりとれなくなります。その結果、「低栄養」や「脱水」を起こす危険性が生じます。

 

・食べる楽しみの喪失

食べ物や飲み物をうまく飲み込めないので、食べる楽しみが失われてしまいます。

 

 

ものを飲み込む働きは加齢に伴って低下しますが、それだけで嚥下障害が起こることはありません。嚥下障害は加齢に伴う嚥下機能の低下に、何らかの病気が重なることで起こります。

嚥下障害の原因となる病気で最も多いのが、「脳梗塞」や「脳出血」などの脳血管疾患で、誤嚥性肺炎をきっかけに脳血管疾患が見つかることもあります。そのほか、「パーキンソン病」や「認知症」も嚥下障害の原因になることがあります。また、歯の問題から嚥下障害が起こることもあります。

 

通常は、気道に飲食物が入ると、それらを外に出そうとする反応が起こってむせますが、嚥下障害のある人では、誤嚥していてもむせないことがまれではありません。そんなとき、周りの人も問題なく飲食できていると思ってしまうので、なかなか気づきません。

 

むせない誤嚥に気づくためには、「元気がない」「痰が増えてきた」「熱が出やすい」といった症状を見逃さないことが大切です。熱が出ている場合は、誤嚥性肺炎を起こしている可能性もあります。こうした症状が続く場合は、嚥下障害を疑って早めに医療機関を受診してください。

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美容鍼灸始めました」