気になる子供の発達障害ーどう向き合う?|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

気になる子供の発達障害ーどう向き合う?

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回のテーマは子供の発達障害への向き合い方です。

 

 

発達障害には3つのタイプがあります。社会性の障害などが見られる「広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)」、落ち着きがなかったり衝動性が目立ったりする「注意欠陥多動性障害(ADHD)」、読み書きや計算などが極端に苦手な「学習障害(LD)」です。これらは、1つのタイプしか現れないとは限らず、1人の子供が複数のタイプを併せ持っていることもあります。

他人の表情や視線から意図を読み取ったり、自分の感情をコントロールできたりするのは、脳の「社会認知機能」や「実行機能」が働くためです。こうした脳の機能が生まれつきうまく働かないのが、発達障害の原因です。

 

発達障害がある子供には、「二次障害」の心配もあります。例えば、広汎性発達障害がある場合は、自分では対人関係がうまくいかない原因が分からず、他人から疎外されているという気持ちが強まっていってしまうことがあります。注意欠陥多動性障害がある子供は、その特徴的な行動のために褒められることが少なく、成功体験が少なくなります。その結果、抑うつ状態や、強い不安が生じる「不安障害」が起こりやすいことがわかっています。学習障害があると、勉強でよい成績を取ることができないために、次第に学校に行くことが憂鬱になり、不登校になってしまうことがあります。

このように、失敗や困難を繰り返すことで、さらに深刻な状態に陥ってしまうことがあるのです。

 

発達障害でよく見られる特徴的な行動に、「友達とうまく付き合えない」「落ち着きがない」といったことがあります。これらは発達障害がない子供にも見られるため、“家庭のしつけでどうにかなる”と考えられがちです。しかし、実際は、それでは解決できないことが分かっています。発達障害への対応方法はそのタイプや現れている行動によって異なります。気になる行動があれば、タイプを確認するためにも、まず専門機関に相談することが大切です。

 

発達障害の対応方法には、主に「療育」「学校での対応」「医療機関での対応」の3つがありますが、それぞれの重要度は、発達障害のたいぷによって異なります。

 

・広汎性発達障害

社会性が低下しているため、対人関係がうまくいきません。そこで、コミュニケーションの訓練などを行う療育が重要になります。

 

・注意欠陥多動性障害

集団でいる場面で集中できない、不注意から物を忘れるといったことがあるので、学校での支援も必要です。また、薬物療法に効果があることが分かっているため、医療機関での対応も重要になります。

 

・学習障害

読み書きや計算が極端に苦手なため、学校での対応が最も重要です。

 

学校での対応としては、学校で起こりやすい次のような状況に対して、子供への接し方を工夫することが大切です。

 

ルールが理解できない

特に広汎性発達障害がある子供に多く見られます。広汎性発達障害がある子供は、耳で聞くより、視覚的な情報が理解しやすいことが分かっています。そこで、”ここでは何をする“というルールを文字や絵で示し、様々なところに貼ったり、必要なときに示すようにします。このような工夫で、やるべきことやルールを身につけていくことができます。

 

忘れ物が多い、席に着いてられない

注意欠陥多動性障害がある子供によく見られます。シールを用意し、例えば、席に着いていられたらシールを貼ってあげるようにします。よい行動ができたらシールがもらえるという体験をすることで、どうすることが望ましいのかを、体の感覚として身につけていきます。

 

読み書きが困難

学習障害がある子供に見られます。学習障害があると、例えば本を読んでいる時、行の最後まで読んだ後、次にどの行を読めばいいのかがわからなくなることがあります。このような場合には、別の紙に1行分の細長い穴を開け、それを本や教科書に載せて、1行ごとにずらしながら読んでいくようにします。こうした工夫をすることで、困難を大きく軽減できます。

 

 

発達障害がある子供の困難を減らすには、家庭での対応も重要です。次のように子供への接し方を工夫しましょう。

 

・すぐ興奮する

広汎性発達障害や注意欠陥多動性障害でよく見られます。興奮した状態になったら、まずは落ち着くのを待ちます。興奮した状態のままでは、何かを理解させることはできません。また、その子がどのような状況で興奮しやすいかを知っておき、そういった状況を作らないようにすることも大切です。

 

・片付けができない

注意欠陥多動性障害の子供によく見られます。出してきた物がどこにあったのかを忘れてしまったり、片付けに集中できないため、片付けるという行動が困難になります。そこで、物入れにラベルを貼り、どこに何をしまうのかが一目でわかるようにします。また、小学校低学年くらいまでの子供であれば、“よーいドン”の合図で片付けを始めるなど、遊び感覚で行うと、片付けに集中することができます。

 

・食べ物の好き嫌いが激しい

広汎性発達障害の子供によく見られます。食べ物の好き嫌いは、主に味や舌触りが原因です。調理法を変えることで味や舌触りが変わると、食べられるようになることがあります。それもで食べられなければ、無理に食べさせようとせず、食べられる食品を利用しましょう。食事をつらい経験にしないことが大切です。

 

発達障害がある子供は叱られることが多く、自信を失いがちです。そこで、小さなことでもこまめに褒めて、成功体験を積めるようにします。よい行動をとった時などは必ず褒めます。小学校低学年くらいまでの子供は、抱き締めたり、ご褒美をあげたりして、「褒められたこと」を強く印象付けるのも効果的です。

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容鍼始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   http://www.maronshinkyuu.com