音楽を積極的に楽しんで脳を広く活性化しよう|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

音楽を積極的に楽しんで脳を広く活性化しよう!

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は音楽と脳の関係についてです!

 

 

私たちの大脳は、大きく「右脳」と「左脳」に分けられます。人と話をしたり論理的に考えたりするときは主に左脳が、見たり聞いたりしたりしたことを直感的、感覚的に捉えたりするときは主に右脳が強く働きます。

 

音楽に関わる能力は、右脳との関係が深いとされ、主に左脳が働く言語能力とは異なる部位が活性化すると考えられています。そのため、日常生活の中に積極的に音楽を取り入れて、左右の脳をバランスよく刺激することは、脳の健康維持や老化予防に役立つといえます。

 

 

音楽は聴くのもよいですが、脳をより活性化させるなら楽器の演奏がお勧めです。聴く場合は聴覚に関わる側頭葉が主に働きますが、演奏する場合は、聴くことに加えて、楽器の扱い方や曲に応じた指使いなどを習得することが必要なので、学習に関わる前頭葉の働きが活発になります。

 

また、両方の手指を細かく動かしたり、楽器によっては足や口も使ったりするので、運動野も活発に働きます。さらに、楽譜を読んだり、例えばピアノなら鍵盤の位置を確認したりしながら弾くと、視覚に関わる後頭葉や、空間認識に関わる頭頂葉なども活性化します。

 

つまり、楽器を演奏するときは右脳にとどまらず、両側の大脳が広く活発に働くのです。また、楽しく演奏すれば、感情面にも良い影響が及び、ストレス解消にも有効です。

 

 

部屋の片隅などに埃をかぶっている楽器があれば、ぜひ手にとってみてください。昔、習ったのことのある楽器なら、体が覚えていて、案外うまく演奏できるかもしれません。演奏経験がほとんどない人も、とにかく何か始めてみることです。好きな曲に合わせて太鼓やカスタネットを鳴らすなど、簡単なことからチャレンジしてはいかがでしょう。すでに演奏を楽しんでいる人は、新しい曲やちょっと難し曲に取り組んで、脳に刺激を与えましょう。

 

 

また、一緒に演奏する仲間がいると、楽しく取り組め、続ける励みにもなります。仲間に聴いてもらったり、みんなで演奏したりすれば、喜びや満足感がより大きくなり、脳もますます活性化するでしょう!

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   http://www.maronshinkyuu.com