本気で対策!コレステロール!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

本気で対策!コレステロール!

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今日はコレステロールのお話です。

 

 

 

 

「コレステロール」が増えすぎると、動脈硬化が進行し、命に関わる危険な病気を招きます。しかし、対策の方法あります。その方法を知り、ぜひ実践していきましょう。

 

 

コレステロールは、血液に含まれる脂質の一つで、生命維持に必要な物質の材料となります。例えば、体を構成している「細胞の膜(細胞膜)」や、「性ホルモン」などのさまざまなホルモン、食べ物の消化や吸収を助ける「胆汁酸」なども、コレステロールからつくられています。

 

コレステロールは肝臓で合成されるほか、十二指腸や小腸で食べ物からきゅうしゅうされて、血流によって全身へと運ばれていきます。ただし、コレステロールは脂質の一種なので、そのままでは水分の多い血液に溶け込めません。そのため、表面が水になじみやすいたんぱく質に覆われた粒子に含まれて、血中を流れています。

この“脂質の乗り物”ともいえる粒子は、構成成分の割合によって大きさや重さが異なり、「LDL」や「HDL」などに分けられます。

・LDL

肝臓で合成されたコレステロールを全身に運びますが、増えすぎると血管壁に入り込んでたまり、動脈硬化を進めることから、”悪玉“と呼ばれています。

 

・HDL

全身を巡って余分なコレステロールを回収し、肝臓に戻します。結果として動脈硬化を防ぐ働きをすることから、”善玉“と呼ばれています。

 

「中性脂肪」は、コレステロールと同様、血液に含まれる脂質の1つです。体のエネルギー源となりますが、血中に増えすぎると、LDLよりも小型で血管壁に入り込みやすい”超悪玉“が発生しやすくなり、動脈硬化を強く進めます。

 

 

コレステロールや中性脂肪などの血中脂質の量が増えすぎたりしてバランスが崩れると、動脈硬化が進行してしまいます。LDLコレステロール値や中性脂肪値が高すぎたり、HDLコレステロール値が低すぎる場合、「脂質異常症」と診断され、治療が必要になります。

脂質のバランスが崩れる最大の原因は、生活習慣の乱れです。食べ過ぎやお酒の飲み過ぎといった食生活の乱れや運動不足が続いたり、喫煙習慣があると、LDLや中性脂肪が増えたり、HDLが減ってしまいます。その結果、血管壁にコレステロールが溜まって「粥腫」ができ、やがて血管の内腔が狭くなるのです。

食生活の乱れや運動不足は、余分な脂肪が臓器の周りに蓄積する「内臓脂肪型肥満」も招きます。内臓脂肪の蓄積は、血中脂質バランスを崩すほか、インスリンの働きを悪くしたり血圧を上げたりする”悪玉ホルモン“の分泌などを通じて、「糖尿病」や「高血圧」「慢性腎臓病」を招くこともあります。

これらの病気があると、動脈硬化がさらに進行しやすくなってしまいます。

 

 

動脈硬化は、起こった部位によってさまざまな障害が現れます。特に注意が必要なのは、心臓を取り巻く「冠動脈」に起こった場合です。冠動脈で動脈硬化が進行し、血管が塞がれると「心筋梗塞」を起こします。すると、血流が途絶えた先の心筋(心臓の筋肉)が壊死し、突然死に至こともあるのです。また、同様のことが脳に起これば、「脳梗塞」を発症することになります。

このように、動脈硬化は命に関わったり、後遺症を残すような病気を引き起こします。予防のためには、動脈硬化を進行させる乱れた生活習慣を改善することが大切です。

 

 

血中脂質のバランスを整えるための対策は、生活習慣の改善が基本となります。食事の内容と運動習慣の見直しを中心に、エネルギーの取り過ぎや運動不足などを改善していきましょう。

生活習慣の改善を3〜6ヶ月続けても数値が改善しない場合などには、薬物療法も併せて行います。ただし、治療の柱は生活習慣の改善なので、薬の服用中も生活習慣の改善は継続して行います。

血中脂質のバランスの崩れは、根本の原因を取り除けば改善する場合がほとんどです。今からでも遅くはありません。できることから少しずつ改善していきましょう。

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美容鍼灸始めました」