ご注意!長引くせき!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

ご注意!長引くせき!

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は、大人のぜんそくについてです。

 

 

「ぜんそく」とは、気道に慢性的な炎症が起こり、気道が過敏になっている状態をいいます。ぜんそくというと、子供の病気というイメージがありますが、大人にも少なくなく、特に、60歳代、70歳代に多く見られます。しかし、呼吸困難の発作が起こらない場合にはぜんそくであることに気付きにくいため、実際の患者数はもっと多いと言われています。

早期に発見して治療を始めれば、悪化を食い止めて、発作を予防することが可能ですので、ぜんそくについて知っておくことが大切です。

 

 

気管は、途中で2つに分かれて主気管支となります。主気管支はさらに細かく枝分かれして、およそ100万本もの管に分かれています。それら1本1本の気管支の外壁には、「平滑筋」という筋肉が巻きついて、気管支を広げたり縮めたりしています。

ぜんそくの患者さんの気管支は常に炎症を起こしていて、刺激に対して非常に敏感になっており、僅かな刺激でも発作が起こりやすくなっています。炎症によって平滑筋やその内側の粘膜層が厚くなり、痰も出やすいため、発作が起こると、空気の通り道がさらに狭くなって、呼吸が苦しくなります。

 

 

大人のぜんそくは、大きく3つに分けられます。「小児ぜんそくがあり、そのまま大人まで続く」「小児ぜんそくが治った後、大人になって再発する」「大人になってから初めて発症する」という3つのケースです。これらは、それぞれ1/3ぐらいの頻度で起きています。

大人になってから初めて発症するケースでは、60歳代以上の人が、かぜをひいたことをきっかけにぜんそくを起こすケースがしばしば見られます。さまざまな風邪の症状が治まって3週間以上経つのに、咳だけが続いているというような場合は、注意が必要です。

あるとき、突然激しく咳き込んで呼吸困難になり、救急車で運ばれた病院で、ぜんそくと診断されるケースが少なくありません。ぜんそくを発症していることに気づかないうちに発作を起こしていても、本人はかぜが長引いているだけだと思い、重症化した場合には、そのまま窒息死してしまうケースも見られます。

 

 

かぜをきっかけとしてぜんそくを発症した場合でも、かぜは要因の一つに過ぎず、ほかのさまざまな要因が積み重なってぜんそくを発症することがわかっています。

要因は、「アレルギー性」と「非アレルギー性」の2つに大きく分けられます。

・アレルギー性

犬や猫などの動物の毛やフケ、ダニ、家のほこり(ハウスダスト)などが、アレルギーを引き起こす原因(アレルゲン)となってぜんそくを発症します。小児ぜんそくは、このアレルギー性のぜんそくが中心です。

 

・非アレルギー性

「かぜをひく」「季節の変わり目の気温や湿度の変化」「大気汚染物質の吸入」「辛い食べ物や、たばこ、香水などの気道に対する刺激物」「精神的なストレス」「運動」などが原因となります。大人のぜんそくは、約1/3が非アレルギー性の要因によるものといわれています。

これらは、ぜんそく発症の原因になるだけでなく、ぜんそくを悪化させたり、発作を誘発したりすることもあるため、注意が必要です。

 

 

これまで一度もぜんそくになった経験がない場合、ぜんそくを発症しても、咳き込む程度の症状しかなければ、ぜんそくに気付かないことがあります。次のような症状は、早期発見のサインになります。このような症状に気づいたら、ぜんそくを疑って、呼吸器内科やアレルギー科を受診してください。

・呼吸をするときに、「ゼーゼー、ヒューヒュー」と音がする(喘鳴)

・咳が3週間以上続く

 

 

検査の結果、ぜんそくと診断された場合は、薬物療法によって気道の慢性的な炎症を抑え、発作が起こらないようにします。

また、自分の気道の状態を知ることも大切です。そこで、「ピークフローメーター」を使って「ピークフロー値」を測定し、「ぜんそく日記」に記入します。日常生活の中でこれを習慣化していけば、この記録を見るだけで、気道が狭くなっているかどうか、自分で把握できます。

ピークフロー値は、性別や年齢によって値の範囲が異なりますが、自分の基準値の範囲なら安全域にあり、それ以下に落ちてきたら、ぜんそくが悪化していることになります。これを医療機関に行くときに持参し、担当医に見せてください。

このように、ぜんそく日記をつけて、自分のぜんそくの状態を客観的に把握することは、発作の予知にもつながり、大きな発作を起こさずに生活していくことが可能になります。

 

 

アレルギー性の要因がある人は、まず、原因となるアレルゲンを除去することが大切です。ペットの毛やフケ、ダニ、家のほこりなどがなるべく少なくなるように、常日頃から室内を清潔に保ち、換気にも気をつけましょう。

気温や湿度の変化にも注意が必要です。急に気温が下がってきたときは体が冷えやすく、それが刺激となって発作を誘発することもあるので、天気予報を参考に着るものを調節したり、マスクを着けたりする工夫も必要です。

たばこや香水、辛い食べ物などを避けることについては、家族や周囲の人たちにも協力してもらうとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美容鍼灸始めました」