プレゼントを贈る|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

プレゼントを贈る

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回のテーマは、プレゼントです。

 

 

 

 

誰でもプレゼントをもらうのはうれしいものですが、では、あなたは最近、誰かにプレゼントを贈りましたか?

一般に年をとって前頭葉を中心とした脳の機能が低下してくると、「周囲への興味や関心が薄れる」「意欲が低下する」「利己的になる」といった傾向が見られるようになります。すると、「誰かのためになにかをしよう」という気持ちや行動が起こりにくくなってきます。「以前は家族の誕生日などによくプレゼントを贈っていたのに、最近は贈っていない」というものもその一例と言えます。こうした背景には、体調や人間関係の変化、経済的な問題などが影響していることもありますが、脳の老化が潜んでいることも考えられるのです。

 

 

プレゼントを選んだり渡したりするには準備や段取りが必要で、かなりのエネルギーを使います。気持ちに余裕がなければなかなかできませんし、義理で贈らなければならない場合は、逆にストレスを感じて、脳にとってマイナスになることもあります。しかし、相手を思いやりながらプレゼント選びを楽しみ、心を込めて贈ることは、脳を活性化するのにとても効果的です。

例えば、プレゼントを選ぶときは、相手の好みや望みを探るために、記憶力や想像力が働きます。予算も考慮しなくてはなりませんから、計算力や判断力も必要です。また、プレゼントを探しにお店へ出かける、渡す場所やタイミングを考えるなど、“プレゼントを贈る”という目的に向かって計画したり行動したりするとき、前頭葉の実行機能が活発に働いているのです。しかも、相手を思いやることは、気持ちにゆとりや潤いをもたらすので、精神的な充実感も得られます。

 

さて、父の日も近づいてきました。プレゼントなど滅多に送らないという人も、この時期は気軽に手渡せるチャンスです!さっそくプレゼントを選び、併せてランチやディナーの計画も立ててみてはいかがでしょう。もらった人も、贈った人も笑顔になるプレゼントは、コミュニケーションを円滑にする役割ももっています。

 

きっと会話も弾んで、楽しいひとときになるでしょう!

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   http://www.maronshinkyuu.com