高血圧、よく知って治そう!他の病気とどう関係?|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

高血圧、よく知って治そう!他の病気とどう関係?

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は、高血圧と他の病気との関係についてです。

高血圧と最も関係が深いのは脳卒中や心筋梗塞ですが、糖尿病などのリスクを高めることも分かっています。

 

 

 

脳卒中は、脳の血管が詰まったり、破れて出血する病気で、多くは突然起こります。高血圧などによって脳の血管の動脈硬化が進むことが主な原因です。発症すると、体の麻痺や言語障害などの後遺症が残ったり、死に至ることがあります。

動脈硬化には、高血圧以外にも糖尿病などの危険因子が関係しています。しかし、脳卒中に関しては、原因の大部分を高血圧が占めています。日本人の場合、脳卒中の発症率は心筋梗塞の約4倍に上ります。

現在日本では、1年間に約12万人が脳卒中で亡くなっていますが、食塩摂取量の減少や治療の進歩などによって、この50年間で日本人の血圧は平均的に下がり、脳卒中も減ってきています。脳卒中をさらに減らしていくためには、血圧をしっかり管理していくことが大切です。

 

 

すでに脳卒中を起こした人は、再発を防ぐために上の血圧を140mmHg未満/下の血圧を90mmHg未満に保ちます。ただし、くも膜下出血、脳出血、脳の奥の細い血管が詰まるラクナ梗塞は、血圧の影響を受けやすいので、可能な場合はより厳しく130mmHg未満/80mmHgに血圧を管理します。

不整脈や狭心症がある人は脳梗塞の既往がなくても、これらの薬を飲んでいる場合があるので注意が必要です。

 

 

心臓を取り巻く冠動脈という血管が動脈硬化によって詰まるのが心筋梗塞です。冠動脈が完全に詰まると、その先の心臓の筋肉に血液が送られなくなり、心臓の動きが障害されて突然死することもあります。冠動脈が完全に詰まるのではなく、狭くなって血液の流れが悪くなるために起こるのが狭心症で、やはり動脈硬化などで起こります。

脳卒中と異なり、心筋梗塞の場合は高血圧、糖尿病、脂質異常症(特に悪玉のLDLコレステロール値の上昇)、喫煙などがほぼ均等に関与しています。心筋梗塞を防ぐためには、血圧と併せてほかの危険因子もしっかり管理します。

心筋梗塞を起こした人は、再発予防のために上の血圧を140mmHg未満/下の血圧を90mmHg未満に管理し、可能な場合は130mmHg未満/80mmHg未満に保ちます。

 

 

高血圧がある人は、脳卒中や心筋梗塞以外に、次の病気にも気をつけます。

・慢性腎臓病(CKD)

慢性腎臓病は、腎臓の働きが徐々に低下して健康な人の働きの60%以下になったり、たんぱく尿が出たりする病気です。慢性腎臓病は、脳卒中や心筋梗塞の原因にもなりますし、進行して末期腎不全になると、透析療法が必要になります。

腎臓と血圧には、密接な関係があります。腎臓の働きが低下すると、血液中の水分やナトリウムを排泄できなくなるため、血液量が増えて血圧が上がります。腎臓は血管の塊なので、血圧が上がると腎臓の負担が増して、腎臓の働きがますます低下していきます。

特に、慢性腎臓病の場合は、日中の水分やナトリウムの排泄がうまくいかなくなります。代わりに、夜間に血圧を上げて排泄しようとするため、本来なら下がるはずの夜間の血圧が高くなります。

慢性腎臓病に高血圧が重なると、こうした悪循環を繰り返して腎臓の働きが悪化していくため、慢性腎臓病がある人は血圧を厳しく管理します。特に、尿中にたんぱくが出ている場合は、腎臓に障害があるので、上の血圧は130mmHg未満/下の血圧は80mmHg未満に維持します。

 

 

・糖尿病

糖尿病は、血液中のブドウ糖(血糖)の濃度を表す「血糖値」が高くなる病気で、放置していると、目や腎臓、全身の神経に障害が起こってきます。

糖尿病と高血圧は合併しやすく、どちらかがあると、もう一方の発症リスクを2倍高めることが分かっています。メタボリックシンドロームの原因となる内臓脂肪型肥満があると、糖尿病と高血圧の両方が起きやすくなるので、注意します。

糖尿病も高血圧も動脈硬化の大きな原因ですから、重なると脳卒中や心筋梗塞のリスクがさらに高まります。糖尿病のある人は直ちに上の血圧を130mmHg未満/下の血圧を80mmHg未満に管理します。

 

 

・睡眠時無呼吸症候群

最近、高血圧との関係で注目されているのが、睡眠中に呼吸が何度も止まる睡眠時無呼吸症候群です。大きないびきを伴いやすく、いびきが止まって気がつくことが多いです。

睡眠中に呼吸が何度も止まると、体内の酸素が不足します。すると、酸素を供給しようとして交感神経の働きが活発になり、本来なら最も低くなるはずの睡眠中も血圧が高くなってしまいます。

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧を招いて脳卒中や心筋梗塞の原因になるだけではありません。酸素が不足することで心臓に負担がかかり、突然死を招くこともあります。また、睡眠不足のため、自動車を運転している時に居眠りをして交通事故を起こす場合もあります。

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中も血圧の高い状態が続くので、早朝の血圧も高くなります。睡眠時無呼吸症候群が原因なので、高血圧の薬を飲んでも血圧はなかなか下がりません。睡眠中にいびきをかいて呼吸が止まる、日中ひどく眠い、だるい、頭痛がするといった症状がある場合は医師に相談してください。

 

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   http://www.maronshinkyuu.com