がんのチーム医療|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

がんのチーム医療!キャンサーボード!

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は、がんのチーム医療についてです。

がんの治療に携わる「緩和ケア」「リハビリ」「栄養サポート」などのチームの中心が「キャンサーボード」です。

 

 

キャンサーボードとは?

がんの治療について、医師や医療スタッフが話し合う!

 

 

近年、がんの治療現場では、「緩和ケアチーム」「リハビリチーム」「栄養サポートチーム」など、さまざまなチームが活躍しています。多くの職種が協力して、一人の患者さんを様々な視点からみることで、患者さんの希望や悩みをすくい上げ、治療に反映させていきます。患者さんや家族も、チームの一員として積極的に関わっていくことが望ましいと考えられます。これらのチーム医療を実践する際に、中心になるのがキャンサーボードです。

 

キャンサーは「がん」、ボードは「会議」を意味する英語で、がんの診察や治療に関連して、治療を担当する医師のほか、さまざまな職種の専門家が参加して合同で方針を相談し、決定する会議のことをいいます。

 

チーム医療が必要とされるようになった背景には、医療が専門領域に細分化され、高度化・複雑化してきたことがあります。現代では、一人の医師が最新の医療をすべてカバーすることは困難であるといえます。

また、高齢化に伴い、患者さんが、がんのほかにも、糖尿病、高血圧、心臓病などの病気を持っていることが少なくありません。手術、放射線、薬などのがん治療の専門医だけでなく、患者さんのもつ合併症を治療する専門医も必要になってきています。

 

患者さんの生活や家庭環境に目を向ければ、退院後の生活や仕事などの心配があり、高齢者では独居、老老介護、認知症などへの対応も必要になります。患者さんが抱えている、がんや将来に関して心の悩みにいかに対応するかも大きな課題です。これらの状況を考慮しながら、患者さんに最も適した治療を選ぶためには、職種を超えたチーム医療が必要なのです。

 

 

 

キャンサーボードでは、さまざまな職種の専門家がそれぞれの視点から意見を出し合い、患者さんにとって最も良い道を模索していきます。

実際には、すべてのがん患者さんについて、すべての職種が参加したキャンサーボードを開くのは、時間的にも物理的にも困難といえます。一つの診療科だけでは解決しにくいような難しい患者さんに絞り込み、その患者さんに関連のある職種が集まってキャンサーボードを開くというやり方が一般的です。

 

 

キャンサーボードには、次のようなメリットがあると考えられています。

・情報の共有がスムーズ

治療を行う上で、患者さんの情報を共有することは非常に大切です。電子カルテでも情報の共有はできますが、微妙なニュアンスはカルテに書き切れません。しかし、キャンサーボードという形で集まると、情報の共有ができるうえ、「深い議論がタイムリーにできる」「課題を整理して方向性を決める」「役割分担を決め、それぞれの部署に持ち帰る」などがスムーズにできます。

 

・安全性の向上

多くの職種が情報を共有し、チェックしているので、もし何らかのもれが起こったとしても、すぐに誰かが気付いてカバーできます。安全性の確保という意味からも、需要なツールであるといえます。

 

・総合的なサポートが可能

キャンサーボードでは、病気だけでなく、心の問題や、治療を終えた後の患者さんの生活がどうなるのかなどを配慮して、患者さんを総合的にサポートしていきます。患者さんは治療を終えた後も社会で生活していくわけですから、がんだけをみるのではなく、広い視点から患者さんをみていくことが、患者さんに最も適した治療を提供することにつながります。

また、このようなチーム医療に関わることで、チームのメンバーも質の良い時間を過ごすことができます。患者さんは安心して治療に望むことができるほか、メンバーにとっても、チームでの活動は非常に張り合いのある時間になっています。

 

 

2014年10月現在、厚生労働省は、407の施設をがん診療連携拠点病院に指定しており、5大がん(肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肝がん)に関してキャンサーボードを運用することがその指定要件になっています。これらの医療機関ではキャンサーボードが機能していると思われます。ただし、医師同士の会議は行われていても、ほかの職種の参加についてはまだ必ずしもまだ十分ではなく、それがこれからの課題といえます。

また、治療が終わった後、患者さんは自分の住まいで元のように生活することを目標にしています。そこで、医療機関の中で、職種を超えたチーム作りを行なっているだけでは十分とはいえません。退院後に関わっていく医療機関などとも連携して患者さんをサポートしていく、そのような連携のネットワーク作りがこれからの課題になると思います。

 

 

がんの治療は、病巣の治療だけではなく、社会的な広がりを持ったものと捉えられるようになってきています。がんが誘因となって起こったさまざまな問題を解決し、患者さんがその人らしく生きるのを支援する、医療者側がそういう視点を取り入れ、患者さんが安心して生活していくことが望まれます。

 

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146