腰部脊柱間狭窄|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

高齢者に多い「腰部脊柱管狭窄」

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は、腰部脊柱管狭窄についてです。

高齢者に多い「腰部脊柱管狭窄」は、特徴的な症状に早く気づき、適切な治療をを受けることが大切です。

 

 

腰部脊柱管狭窄とは、背骨の腰の部分の脊柱管が狭くなった状態のことで、腰痛や、脚にしびれや痛みなどの症状が現れます。日本整形外科学会の調査によると、日本の患者数は約350万人です。

高齢者に多く、60歳代では20人に1人程度、70歳代では10人に1人程度が、腰部脊柱管狭窄を起こしています。今後、高齢化が進むことで、患者数はさらに増えると考えられています。

 

 

背骨は椎骨が縦に積み重なる構造になっていて、腰の部分の5つの椎骨を腰椎といいます。積み重なった椎骨の背中側には、縦に細く伸びる空間があります。これが脊柱管です。

腰椎部分の脊柱管の中には、神経の束である馬尾と、馬尾から枝分かれした神経である神経根が通っています。

椎骨と椎骨の間の左右後方には、椎間関節があります。腰部脊柱管狭窄は、この椎間関節などが変形し、脊柱管が狭くなることで起こります。脊柱管が正常で十分なスペースがあれば、馬尾や神経根が圧迫されることはありません。しかし、脊柱管が狭くなっていると、脊柱管の内側にある靭帯などによって、馬尾や神経根が圧迫されることがあるのです。その結果、神経が伸びていく先である脚に、しびれや痛みが起こることになります。

 

 

腰部脊柱管狭窄では、特徴的な症状が現れるため、症状をチェックすることが診断に役立ちます。腰部脊柱管狭窄の診断サポートツールは、患者さん自身がチェックするための質問票で、実際の診療でも使われています。

腰部脊柱管狭窄で現れる最も代表的な症状は間欠跛行です。歩き始めた時は問題ないのですが、しばらく歩くと、脚のしびれや痛みが強くなり、歩けなくなってしまいます。しかし、前かがみの姿勢をとったり、しゃがんだりして休むと、また歩けるようになります。

前かがみの姿勢で症状が改善するのは、姿勢によって脊柱管の形が変わるためです。人間が真っ直ぐに立つと、背骨の腰椎部分は少し反った状態になります。このとき、脊柱管の後ろ側にある靭帯は、縮んで厚くなっています。そのため脊柱管の空間が狭くなり、馬尾や神経根が圧迫されやすくなるのです。

前かがみになると、脊柱管の後ろ側が伸ばされるため、靭帯もぴんと張った状態になります。そのため、脊柱管の空間が広くなり、圧迫が取り除かれて、症状も消えるのです。

 

 

間欠跛行は腰部脊柱管狭窄だけに現れる症状ではありません。糖尿病で神経が障害されて起こる「糖尿病性神経症」や、脚の血管の動脈硬化により、血管内が細くなるなどして起こる「閉塞性動脈硬化症」でも、同じような症状が現れます。

ただ、これらの病気で起こる間欠跛行は、前かがみの姿勢をとってもよくなりません。これによって、腰部脊柱管狭窄症による症状と見分けることができます。

 

 

腰部脊柱管狭窄は、神経のどこが圧迫されるかによって、次の3つのタイプに分けられます。それぞれのタイプにより、現れてくる症状も異なります。

・神経根型

神経根が圧迫されるタイプで、脚に痛みが出ます。神経根の少し膨らんだ部分は、痛みのセンサーとしての働きを持っているため、圧迫されると強い痛みが生じます。

 

・馬尾型

馬尾が主に圧迫されているタイプで、主な症状は脚のしびれです。

 

・混合型

神経根も馬尾も圧迫されているタイプです。症状は、痛みとしびれの両方が現れます。

 

 

腰部脊柱管狭窄の症状が現れたら、ほうっておかずに、なるべく早く受診し、治療を開始することが大切です。間欠跛行などの症状があると、家に閉じこもりがちですが、それはかえって症状を悪化させることにつながります。

また、放置している間に、圧迫された神経が元に戻らない状態になってしまうと、手術をしても脚のしびれや尿失禁などが回復しないことがあり、QOL(生活の質)が低下してしまいます。症状が進むと、寝たきりになることもあります。

まず行われる治療は、薬物療法や運動などの保存療法です。

 

 

プロスタグランジンE1製剤は、神経付近の血管を拡張させ、血液循環をよくすることで神経の症状を和らげます。

非ステロイド性消炎鎮痛薬は、炎症や痛みを抑えるために使われます。

神経が障害されて痛みが出る場合には、神経障害性疼痛治療薬が使用されます。神経が障害されると、そこから異常な電気刺激が出ますが、脊髄レベルでその刺激を遮断する働きをします。

 

抗不安薬や抗うつ薬も使われますが、その理由は2つあります。

脳には痛みを抑える機能が備わっています。しかし、不安や抑うつがあると、この働きが低下してしまうので、それを解消する目的があります。もう一つの理由は、抗うつ薬には、痛みを抑制するシステムがよく働くようにする作用があるからです。そのため、痛み止めの目的で抗うつ薬が使われることがあります。

痛みが強い場合は神経ブロックが行われます。障害されている神経のそばに麻酔薬などの薬を注射し、症状を改善させる治療法です。神経根型には効果的ですが、馬尾型にはあまり効きません。

 

 

安静にしていると、腰を支える筋肉が弱まり、症状が進行するので、運動が必要です。ただ、痛みやしびれが出るため、長く歩くことはできません。勧められるのは自転車をこぐことです。前かがみの姿勢で行う運動なので、痛みやしびれといった症状は出てきます。

実際に、自転車漕ぎだけで腰部脊柱管狭窄が良くなった人が何人もいます。家庭用の室内で漕ぐ固定自転車なら、高齢者でも安全に運動することができます。

 

 

保存療法で十分な効果が得られなければ、手術が行われます。神経を圧迫している骨を取り除く除圧術という手術です。手術で骨を取り除いても骨の強度が変わることはありません。そのほかに、不安定になっている骨を動かなくする固定術という手術が行われることもあります。

 

 

腰部脊柱管狭窄は、寝たきりになる原因の一つです。

症状がある人は、積極的に医療機関を受診しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146