再生医療で肝硬変を治す!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

再生医療で肝硬変を治す!

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は、肝硬変の再生医療についてです。

「肝硬変」は完治が難しい病気ですが、近年、再生医療で治す取り組みが行われています。すでに一部の肝硬変の再生医療は先進医療として承認されており、数年後の健康保険の適用が期待されています。

 

 

 

・肝硬変は肝がんのリスクでもある

肝硬変とは、肝細胞の線維化が進んで肝臓が悪くなった状態のことです。肝硬変の大部分は、B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染、生活習慣病、肥満などが原因で「肝炎」を発症し、肝炎が慢性化するために起こる。

 

肝臓は再生力が非常に強いので、炎症が起こって肝細胞が壊されても、ある程度までは復元されます。しかし、肝炎が長く続くと、肝細胞は破壊と再生を繰り返しながら硬い線維に置き換わっていきます。そして、肝炎から徐々に肝硬変へと進んでいきます。現在、日本には約30万人の肝硬変の患者さんがいると推定されています。

 

肝硬変は、「代償性肝硬変」と「非代償性肝硬変」に分けられます。代償性肝硬変は、肝機能がある程度保たれているので症状が出にくいです。非代償性肝硬変の場合は、肝機能が著しく低下するので、皮膚や白目が黄色くなる「黄疸」、おなかに水が溜まる「腹水」、意識障害を起こす「脳炎」などが現れます。また、肝硬変になると肝がんが起こりやすくなります。

 

 

線維化した肝細胞は肝臓の再生の妨げとなるので、肝硬変まで進むと元に戻すのが難しい。現在、肝硬変の唯一の根治的治療法は「肝移植」ですが、ドナー(臓器提供者)の不足や拒絶反応など問題も多くあります。そこで、肝移植に代わる新たな肝臓の治療法として注目されているのが再生医療です。肝臓の再生医療は、肝臓から線維を取り除いて肝細胞を増やして、肝臓を元の状態に戻すことを目指します。

 

現在、肝臓の再生医療は、非代償性肝硬変の患者さんを対象に、山口大学医学部付属病院を中心とする国内外の5ヶ所の施設で、2003年から臨床研究が実施されています。2013年には、C型肝炎が原因の非代償性肝硬変に対する再生医療が先進医療として承認され、3カ所の施設で今後、先進医療として臨床研究が実施されます。

 

 

 

肝臓の再生医療には、「骨髄間葉系幹細胞」が用いられる。骨髄は骨の中心にある軟らかい組織で、その内部は「骨髄液」で満たされている。骨髄間葉系幹細胞とは、骨髄液の中に含まれている間葉系幹細胞のことを指します。

間葉系の細胞とは、間葉系に属する細胞(骨細胞、心筋細胞、軟骨細胞、腱細胞、脂肪細胞など)のことで、間葉系幹細胞は体のさまざまな組織に分化します。また、骨髄間葉系肝細胞は体の中を循環しており、障害のある間葉系組織があると、そこに集まって修復する働きを併せもっています。こうした骨髄間葉系幹細胞の作用に着目して、肝硬変の治療に応用したのが肝臓の再生医療です。

 

 

肝臓の再生医療には、患者さん本人の骨髄液に含まれる骨髄間葉系幹細胞を使用します。肝移植のように他人の組織を使うわけではないので、拒絶反応が起こる心配は全くなく、治療後に免疫抑制薬を飲む必要もありません。

現在行われているのは、全身麻酔をして患者さんの腰の骨に注射をして、約400mLの骨髄液を採取する方法です。骨髄液には、赤血球や白血球などをつくる細胞など、さまざまな成分が含まれているので、採取した骨髄液は洗浄して、間葉系幹細胞を含む「単核球細胞」だけを分離します。

骨髄液の洗浄と分離は、「クリーンルーム」と呼ばれる、空気中の物質を一定のレベル以下に抑えた特別な部屋で行われます。そして、その日のうちに、患者さんの腕の静脈から点滴で単核球細胞が投与されます。治療後は、経過観察のため2週間程度の入院が必要になります。

 

投与された単核球細胞に含まれる骨髄間葉系肝細胞は、血流によって体内を循環して肝臓に到達します。体内には、肝臓以外にも心臓や腎臓など多くの間葉系組織があるが、海外の研究では、点滴された骨髄間葉系幹細胞は、主に肝臓と脾臓に行くことが確認されています。また、骨髄間葉系幹細胞の投与による大きな副作用や合併症は起こっていません。

 

 

肝臓の再生医療は、2003年11月から現在まで、国内外5カ所の施設で計57人の患者さんに実施されています。そのうち、最初に治療を受けた9人の「アルブミン値」を調査した結果、治療の24週間後には、平均値が上昇していることが分かりました。

アルブミンは肝臓で作られるたんぱくなので、平均値が上昇しているということは、肝硬変が改善されて肝機能が良くなっていることを示しています。

 

また、CT(コンピュータ断層撮影)で撮影した肝臓の画像を見ると、治療前は肝臓の表面がゴツゴツし、腹水がたまるなどの変化が確認されました。しかし、治療後は肝臓の表面が滑らかになり、腹水もなくなっていました。こうした画像の変化からも、再生医療によって線維化が改善され、状態が回復してきていることがわかります。

 

 

骨髄間葉系幹細胞を使った肝臓の再生医療によって、肝硬変が改善した理由は大きく分けて2つあります。

1つは、骨髄間葉系幹細胞が肝臓にできた線維を溶かす効果です。これまでの研究で、骨髄間葉系幹細胞は、線維を溶かす特殊な酵素を放出することがわかっています。骨髄間葉系幹細胞を投与することで、肝臓の線維が溶かされて肝臓の再生力が回復し、線維のあった場所に新しい肝細胞が作られたと考えられます。

もう1つは、骨髄間葉系幹細胞の投与によって、肝細胞になる途中の段階にある「前駆細胞」が増える効果です。その効果については、既に動物実験や人に対する試験で確認されています。

肝臓の再生医療では、この2つの作用が複合的に働くことによって肝硬変が改善されていくと考えられています。

 

 

肝臓の再生医療は、現在は先進医療として行われています。有効性が明確になると健康保険の適用が認められていますが、その一歩手前の段階まできています。

その一方で、約400mLと相当な量の骨髄液を採るので、患者さんの体の負担は大きいです。採取は全身麻酔で行われますが、麻酔薬は肝臓で分解されるので、肝臓にかかる負担も増大します。そのため、重症の肝硬変の患者さんは、治療を希望しても受けられない場合があります。

 

 

そうした問題点を改善する次世代の方法として注目されているのが、2014年8月6日に、山口大学医学部附属病院と科学技術振興機構が発表した新たな肝臓の再生医療です。

新しい方法では、患者さん自身の骨髄液を約30mL採ります。採取した骨髄液は約3週間培養装置の中で培養して、骨髄間葉系幹細胞を約100倍に増やします。その培養した骨髄液を洗浄し、骨髄間葉系幹細胞だけを分離して、患者さんの腕の静脈から点滴で投与します。

新しい方法は骨髄液の採取量が少ないので、患者さんの体の負担は軽くなります。骨髄液の採取は局所麻酔で行われるので、肝臓の負担も軽減されます。骨髄液の培養を伴わない方法の再生医療が難しかった患者さんも、受けられるようになる可能性があります。また、効果の面でも、将来的に何度も実施可能で、優位だと考えられています。従来の方法は、身体的な負担から1回の治療に限られましたが、新しい方法は骨髄液を培養できるので、一度採取すれば繰り返し治療が行えます。

 

新しい肝臓の再生医療は、2014年度に山口大学医学部付属病院で臨床研究がスタートしています。患者さんに対して初めて実施される臨床研究であり、今回は非代償性肝硬変の患者さん10人に対して効果と安全性を確認していきます。

 

 

日本人の肝硬変の多くは、C型肝炎やB型肝炎によるものです。C型肝炎やB型肝炎については、新しい抗ウイルス薬が登場し、特にC型肝炎については、完全なウイルスの排除が可能になってきています。そのため、肝臓の再生医療によって、肝硬変を改善し肝炎の状態に戻すことができれば、最終的に完治を目指す治療として十分期待できます。

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146