知っていますか?慢性腎臓病(CKD)|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

知っていますか?慢性腎臓病(CKD)

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は、慢性腎臓病(CKD)についてです。

腎臓の機能が慢性的に低下する病気などを総称したのが、「慢性腎臓病(CKD)」です。腎臓の異常の早期発見・早期治療につながる新しい概念として、注目を集めています。

 

 

 

 

腎臓は、血液を濾過し、血液中の余分な水分や老廃物を、尿として排出しています。体内の血液を、常に正常な状態に保つという、生命維持に欠かせない役割を担っている臓器です。

 

腎臓の障害や機能低下は、腎臓自体の病気、あるいは生活習慣など、さまざまな原因で起こりますが、どのような原因であっても、初期の段階ではほとんどの場合、自覚症状は現れません。そのため、本人が気づかないうちに病状がしんこうしてしまうケースが少なくないのです。

 

そこで、腎臓の異常の早期発見を促すために提唱されたのが「慢性腎臓病(CKD)」という概念です。原因が何であれ、腎臓の障害や機能低下が慢性的に続く状態を総称したものです。比較的簡単な検査で診断がつくため、早期発見・早期治療につながると期待されています。

現在、日本の慢性腎臓病の患者数は、推定で約1300万人、成人の8人に1人といわれています。

 

 

 

前述のように、腎臓の機能が低下しても、初期の段階では自覚症状はほとんどありません。しかし、血液中の老廃物や余分な水分を十分に排出しきれないため、それらが血液中に残るようになります。

 

腎機能が徐々に低下するにつれて「むくみ」「貧血」「血圧上昇」などが現れてきます。さらに低下すると「倦怠感」「吐き気」「食欲不振」「息切れ」などの「尿毒症」の症状が現れることもあります。

 

腎機能が著しく低下して「末期腎不全」の状態になると、命を守るために「透析療法」や「腎移植」が必要になります。

また、慢性腎臓病があると「脳卒中」「心筋梗塞」などの「心血管疾患」が起こりやすくなります。アメリカや日本で行われた慢性腎臓病の患者さんを対象にした調査では、末期腎不全で透析療法が必要になる人より、心血管疾患で死亡する人の方が多いことがわかっています。

 

 

 

昨今、「メタボリックシンドローム」という言葉が広く使われるようになりました。これは、食べ過ぎや食塩の取り過ぎ、運動不足などの生活習慣の乱れから、内臓脂肪が蓄積し、高血圧や高血糖、脂質異常が起こっている状態をいいます。

実は、慢性腎臓病の発症にも、メタボリックシンドロームと同じように、生活習慣の乱れが深く関わっています。生活習慣の乱れがあるほど、慢性腎臓病になりやすく、それが進行しやすくなるのです。

 

さらに、慢性腎臓病で腎機能が低下すると、動脈硬化が進行します。動脈硬化が進むと、高血圧や高血糖、脂質異常がさらに悪化します。つまり、慢性腎臓病とメタボリックシンドロームの各要素は、互いに病状を悪化させるという悪循環の関係にあるのです。そして最終的には、心血管疾患や末期腎不全などのリスクを高めることになります。

 

 

 

慢性腎臓病は、尿検査と血液検査で診断がつきます。

尿検査で調べるのは、「尿たんぱく」です。「陽性(+)」の場合は、腎臓が障害されているために、通常は尿中に出ないたんぱくが、もれ出ていると考えられます。

血液検査では「血清クレアチニン値」を調べます。「クレアチニン」とは、筋肉中にある「クレアチン」というたんぱくからできる老廃物の一種です。通常は腎臓で濾過されて、尿として体外へ排出されます。しかし、腎機能が低下していると、血液中にクレアチニンがたまってしまうのです。

 

これらのいずれか、または両方に異常があり、それが3ヶ月以上続く場合に、慢性腎臓病と診断されます。早期発見のためには、定期的にこれらの検査を受けるようにしましょう。特に、慢性腎臓病のリスクが高い人は注意が必要です。

 

 

一般的な健康診断や人間ドックには、尿たんぱくや血清クレアチニンを調べる検査が含まれています。

ただし、「特定健診」には、自治体によっては血清クレアチニンの検査が含まれていないこともあります。かかりつけ医などに相談して、追加で受けることが勧められます。

 

結果から再検査を勧められたら、必ず受診するようにしてください。血清クレアチニン値が基準値を僅かに上回る程度でも、腎機能は本来の半分以下まで低下しているケースも多いとされます。自覚症状がないからといって、ほうっておかないことが肝心です。

 

 

 

慢性腎臓病と診断されたら、まず原因となっている病気を明らかにすることが大切です。はっきりした統計はありませんが、「糖尿病性腎症」「慢性糸球体腎炎」「腎硬化症」の3つが、慢性腎臓病のの代表的な原因と考えられています。

原因に合わせた治療を行うことで、腎機能の低下を抑えて、脳卒中や心筋梗塞の発症を防ぎます。「糸球体濾過量(GFR/腎機能の程度を示す指標で、血清クレアチニン値などから算出される)」や尿たんぱくなどを定期的にチェックし、腎臓の状態を見極めながら、治療を進めていきます。

また、腎機能低下の大きな原因である生活習慣の改善も併せて行っていきます。

 

 

・適度な運動を心がける

適度な運動には、血圧を下げたり、脂質異常を改善したりする効果があります。運動の適切な強度や時間は、病状によって異なりますから、事前に担当医に相談してください。

 

・たばこはやめる

喫煙は腎機能を低下させたり、動脈硬化や高血圧の進行を促します。節煙ではなく、禁煙するよう努力しましょう。

 

・お酒は適量にとどめる

お酒は適量にとどめましょう。一般に、男性でビールなら1日に中瓶1本、日本酒なら1合程度が適量です。

 

・休養はしっかりとる

過度のストレスは腎臓にも負担をかけます。7〜8時間程度の十分な睡眠をとり、規則正しい生活を心がけてください。

 

・食塩、たんぱく質の摂取量を減らす

食事のエネルギー量は、活動量や年齢などに応じて調節します。食塩の摂取量は、1日6g未満が目標です。また、たんぱく質のとり過ぎは腎臓に負担をかけるため、病状に応じて制限されます。

 

このほか、薬物療法が行われることもあります。担当医の指示に従って、きちんと服用するようにしてください。

 

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146