大腸がんが進行したら|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

大腸がんが進行したら

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は、大腸がんの進行についてです。

進行した「大腸がん」の治療では、治療法などの進歩により、治療の幅が広がってきています。

諦めずに治療を受け続けることが大切です。

 

 

 

 

 

「大腸がん」は、大腸壁の最も内側の粘膜に発生し、大腸壁の外側に向かって広がっていきます。進行するに従って、リンパ管を通じてリンパ節に転移したり、血管を通じて肺や肝臓などの臓器や腹膜などへ転移し、さらに全身へと広がっていきます。

 

 

大腸がんの進行度を表す「ステージ」は、がんの深さ、リンパ節転移の有無、ほかの臓器や腹膜などへの転移の有無によって、ステージ0〜Ⅳに分けられます。

・ステージ0

がんが最も内側の粘膜内にとどまっていて、転移のない状態

 

・ステージⅠ

がんが粘膜下層や固有筋層にとどまっていて、転移のない状態

 

・ステージⅡ

がんが固有筋層を超えていて、転移のない状態

 

・ステージⅢ

がんの深さに関わらず、リンパ節転移がある状態

 

・ステージⅣ

がんの深さに関わらず、ほかの臓器や腹膜などへの転移がある状態

 

 

進行した大腸がんに対する治療は、進歩しています。特に次の3点が変わり、治療成績も上がっています。

①ステージに合わせて治療を選択する

②手術と、抗がん剤などの薬を使った化学療法の組み合わせ方が進歩している

③事前に分子標的薬の効果を遺伝子検査でチェックできるようになった

今回は、進行した「結腸がん」の治療を中心に解説します。

 

 

大腸がんの主な治療には、「内視鏡治療」、「手術」、抗がん剤などの薬を使った「化学療法」などがあります。

 

大腸がん

・ステージ0の場合

内視鏡治療が中心になります

 

・ステージⅠの場合

がんが粘膜下層に達すると、転移のリスクが出てくるため、多くの場合、手術が選択されます。しかし、ステージⅠでもごく浅い部分にがんがある場合には、内視鏡治療を行うこともあります。

 

・ステージⅡの場合

手術で、がんを含めた腸管の切除と、リンパ節の切除(リンパ節郭清)を行います。手術後に補助的に化学療法(術後補助化学療法)を行う場合もあります。

 

・ステージⅢの場合

ステージⅡと同様の手術を行ったのち、再発予防の目的で補助的に化学療法が行われます。

 

・ステージⅣの場合

治療には手術と化学療法があり、患者さんの病状によって、手術を先に行うか、化学療法を先に行うか、両者を併用するかなどを考慮します。

 

 

・手術

がんを含めて腸管を切除し、同時に、転移していたり、転移の可能性のあるリンパ節も切除するのが基本です。

例では、がんを中心に、口側、肛門側の腸管を約10cmずつ切除し、残した腸管を縫合し、つなぎます(腸管吻合)。リンパ節郭清の範囲は、がんの進行具合によって異なります。腸管に近いリンパ節のみを切除する場合もあれば、血管の根元のリンパ節まで扇状に広く切除する場合もあります。

 

 

 

・化学療法

化学療法は主に、手術後に再発予防の目的のほか、手術ではがんを全て取り除けない場合や再発した場合に行われます(直腸がんの場合もおおむね同様)。化学療法だけで大腸がんを完全になくすことはできません。

 

薬の使い方は、①②③を組み合わせるのが一般的です。

①抗がん剤のフルオロウラシルと、その効果を高めるレボホリナートカルシウムを併用

②オキサリプラチンとイリノテカンという抗がん剤のどちらか

③「分子標的薬」のベバシズマブ、セツキシマブ、パニツムマブのどれか

 

なかでも分子標的薬は、がん細胞の増殖に関わる特定の部分だけを狙い撃ちにする薬で、高い効果を示します。

 

 

 

最近は、がん細胞の遺伝子のタイプを調べることにより、どの分子標的薬の効果が期待できるかを事前に知ることができるようになり、がんに合った治療を行えるようになっています。調べるのは「KRAS」という、がん細胞の増殖に関わる遺伝子のタイプで、変異のない「KRAS野生型」と、変異のある「KRAS変異型」があります。KRAS野生型の場合は、3つの分子標的薬すべての効果が期待でき、KRAS変異型の場合は、ベバシズマブの効果が期待できます。

 

化学療法の進歩とともに、手術と化学療法の組み合わせ方についても研究が進んでいます。例えば肝臓や肺に転移があって、以前なら手術ができなかった場合でも、現在は化学療法を行なうことによってがんが縮小し、手術が可能になるなど、これまでは治療を諦めていた進行した大腸がんでも、治療が行えるようになってきています。

 

担当医とよく相談して、自分の病状に合った治療を受け続けることが大切です。

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146