大人の虫歯にご注意を!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

大人の虫歯にご注意を!

  • スタッフブログ

おはようございます。

まろん鍼灸接骨院です。

最近は、歯の治療技術が上がり、年をとっても残せる歯が増えてきました。しかし、それにともなって高齢者の虫歯が年々増えてきています。

虫歯は、治療済みの歯にも起こるので、注意が必要です!

そこで、今日は大人の虫歯についてのお話です。

 

🔲  虫歯の原因

 

『虫歯』は歯周病と並ぶ、歯の2大疾患の1つです。

虫歯は年齢を問わず発症しますが、虫歯をもつ人の割合を調べた調査で平成11年・17年・23年を比較すると、各年齢層における特徴に変化が見られます。

5〜19歳の若い人では、虫歯を持つ割合が減っています。

一方、働き盛りの35〜54歳の人は、100%近くが治療済みの歯を含め、虫歯をもっており、その割合はそれほど変化がありません。

それに比べ、55歳以降、特に65歳以降の高齢者では、虫歯をもつ人が年々増えていることがわかります。

これは、以前は高齢になると歯を失うことが多かったために、虫歯の数も少なかったのに対し、最近では歯の喪失数が減っているために、相対的に虫歯数が増えているという事実の反面でもあります。

その一方、残せた歯が虫歯になったり、治療済みの歯に虫歯が再発したりして、虫歯をもつ人が増加していると考えられます。

高齢者の虫歯は、「かぶせ物などの境目」と「露出した歯の根元」に起きやすいのが特徴です。

 

◉かぶせ物の境目に注意!

歯には、噛む力が毎日繰り返し強く加わります。虫歯治療によるかぶせ物や詰め物は、噛む力が繰り返し加わると、かぶせ物などと歯を接着するセメントが劣化により割れたりして、歯との間に僅かな隙間ができます。その隙間に、細菌の塊である「プラーク(歯垢)」が付着して虫歯の原因となる虫歯菌が侵入し、被せ物や詰め物の内側で虫歯が進行します。

かぶせ物や詰め物にはさまざまなタイプや材質がありますが、いずれの場合にも注意が必要です。

かぶせ物や詰め物が施されていると、表面はきれいに見えるので、内側の変化に気付きにくいといえます。また、歯を処置する際に神経を取っていると、虫歯が進行しても痛みを感じないため、異常に気づくのが遅れがちです。こうした状況のために、治療済みの歯の虫歯は、気付いた時にはかなり深くまで進行しているケースが多く見られます。

大人の虫歯の場合、新たに起こるものより、むしろ治療済みの歯に起こるものに注意が必要です。

虫歯に早く気づくためには、歯科定期検診を受けることが大切です。歯科では、X線撮影や、先端が鋭利な探針という器具で隙間を探ったりして、虫歯を早期発見することができます。

 

◉露出した歯の根元に発症!

なんらかの原因で歯肉が下がり、歯の根元が露出すると、そこに虫歯菌が付着して虫歯が起こります。

このような虫歯を「根面う蝕」と呼び、高齢者に多く見られます。

露出した歯根が虫歯になりやすいのは、次の理由によります。歯の表面は、硬くて虫歯になりにくい「エナメル質」で覆われており、虫歯菌から守られています。一方、歯根を構成する「セメント質」や「象牙質」は柔らかく、歯根は通常、歯肉で守られていますが、露出すると虫歯になりやすい性質があるからです。

露出した歯根は、歯の神経との距離が近いため、比較的早い段階で神経に損傷を与える場合があります。

歯肉が下がる主な原因としては、加齢・歯周病によって炎症が起こり、歯槽骨が破壊される・強いブラッシングなどが挙げられます。特に、強いブラッシングでは、歯肉が削れて剥き出しになった歯根が欠け落ちる「くさび状欠損」を起こし、その部位に虫歯が起きることがあります。

 

◉唾液の減少による影響

高齢になると唾液の分泌量が減少し、口腔内の自浄作用が減って、虫歯菌が住みつきやすくなることも、虫歯を起こしやすい原因の一つです。

唾液が減少する理由としては、加齢により唾液腺の機能が低下することのほか、薬を飲む必要が増えることがあり、例えば、降圧剤や入眠剤で唾液の分泌が抑制されることがあります。また、糖尿病で多尿になり、水分不足で口腔内が渇いたり、唾液腺や涙腺などに障害が起こる「シェーグレン症候群」などの病気でも唾液が減少することがあります。

 

🔲  予防

大人の虫歯を防ぐためには、「プラークコントロール」が重要です。毎日、正しいブラッシングを行いましょう。

根面う蝕やくさび状欠損を起こさないように、強く磨きすぎず、優しく丁寧に磨くことが大切です。特に、かぶせ物や詰め物の境目、歯肉が下がった部位に歯ブラシがきちんと当たるようにして確認してください。

また、歯科での定期的な検診も大切です。プラークコントロールがきちんとできているかどうかのチェックを受けたあとに、専門的な歯のクリーニング「PMTC」を受けるようにします。

介護を受けている人で、介護者が口腔ケアをする場合、食べ物のかすを取ることはできても、プラークを取りきれないケースが多くみられます。

介護者によるプラークコントロールが難しい場合には、歯科医師や歯科衛生士などが自宅や病院、介護施設などを訪れる「訪問歯科診療」を利用するといいでしょう。

歯と口の中の環境は年齢とともに変化します。年齢を重ねるにつれて起きやすい大人の虫歯があることを知り、気を抜かずに適切なケアを行なって、虫歯を防いでください。

 

いかがでしょう???

大人の皆さんも歯磨きを毎日しっかりと行って、虫歯予防に努めましょうね★

 

毎日の歯磨きは健康の第一歩。

健康を維持するために、体のケアも忘れずに〜

体のケアはまろん鍼灸接骨院にお任せください★

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   http://www.maronshinkyuu.com