術後のリンパ浮腫|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

術後のリンパ浮腫

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は、手術後のリンパ浮腫についてです。

がんの手術後は、「リンパ浮腫」にも注意しましょう。一度発症すると完治しにくく、治療の継続が必要です。

発症しにくくする日常生活を心がけ、発症した場合でも、早期発見、適切な対応で、進行を防ぐことが大切です。

 

 

 

 

・リンパ浮腫とは ー 腕や脚などの皮膚の下にリンパ液がたまってむくむ

「リンパ管」に何らかの障害が起こり、リンパ液の流れが滞って、腕や脚などがむくんだ状態を「リンパ浮腫」といいます。

 

リンパ管は、血管と同じように私たちの体内に張り巡らされており、その中をリンパ液が、リンパ管の各所にあるリンパ節を経由しながら流れています。リンパ液には、タンパクや脂肪、水分のほか、ウイルスや細菌を攻撃するリンパ球なども含まれています。

 

リンパ管やリンパ節が手術などによって損なわれると、リンパ節の脇にリンパ管の脇道ができて、代替して働くようになります。しかし、その脇道は細く働きが弱いため、負担が大きくなり過ぎると、流れが滞ってリンパ液が皮膚の下たまり、むくみが起こるようになるのです。

 

進行すると、腕の場合は「力を入れにくい」「重いものをもつのがつらい」「文字を書きにくい」など、脚の場合は「歩きにくい」「膝を曲げにくい」「階段の上り下りがつらい」など、日常生活に支障が出ることがあります。

 

 

 

リンパ浮腫のほとんどが、がんの手術や放射線治療を受けたリンパ節の近くに起こります。例えば、①乳がんの手術で脇の下のリンパ節を切除した場合には手術した側の腕や背中に、②子宮がん、卵巣がん、前立腺がんなどの手術で骨盤内のリンパ節を切除した場合には脚などに、起こりやすくなります。

 

同じような手術を受けても、リンパ浮腫が起こるかどうかや、その程度は人によって異なります。これは、リンパ管の脇道の発達の程度やリンパ液の量、生活習慣によって腕や脚にかかる負担などに個人差があるためと考えられます。

 

また、発症する時期にも個人差があります。最も多いのは治療後2〜3年たってから発症するケースですが、治療直後に発症したり、5〜10年後に発症するケースもあります。リンパ節を切除したりした場合には、リンパ浮腫が起こる可能性は常にあることを知っておくことが大切です。

 

 

リンパ浮腫に早く気づくためには、次のようなセルフチェックを行うとよいでしょう!

・感じる

腕や脚に「違和感」「重だるさ」などがあるかどうか、「疲れやすさ」を感じるかどうかをチェックします。これらはリンパ浮腫の初期に感じやすい症状なので、注意が必要です。

 

・見る、触る

むくみがあると、皮膚がへこみやすくなるため、「皮膚を指で押すとへこむかどうか」を調べます。また、「血管が片側だけ見えにくい」「皮膚が片側だけ張る」「皮膚をつまむと、片側だけしわが寄りにくい」など、腕や脚に左右差があるかどうかをチェックします。これらも、リンパ浮腫の初期に起こりやすい症状です。

これらの症状がある場合はリンパ浮腫の可能性が高いといえますが、ほかの病気でむくむこともあるので、自己判断せず、医療機関を受診することが大切です。

 

 

 

主に4つの治療法があります。組み合わせやすい行い方は、個人によって異なりますので、リンパ浮腫の治療を行なっている医療機関で指導を受けて行ってください。

・スキンケア

リンパ管やリンパ節を切除した部位の皮膚は、感染を起こしやすくなっています。皮膚を清潔に保ち、保湿クリームなどを利用して乾燥を防ぐなど、スキンケアに留意します。

 

・リンパ誘導マッサージ

組織の間に溜まっているリンパ液を、健康なリンパ管やリンパ節に誘導します。

 

・圧迫療法

医療用の「弾性着衣(弾性スリーブや弾性ストッキング)」や「弾性包帯」などを、むくみのある腕や脚に着用し、圧迫を加えて組織の間にリンパ液がたまるのを防ぎます。

 

・圧迫しながらの運動療法

弾性着衣や弾性包帯を着用した状態で、適度な運動を行なって筋肉や関節を動かし、たまったリンパ液の流れを促します。

 

 

リンパ浮腫を完全に予防することはこんなんですが、発症しにくくすることは可能です。

・手術した側の皮膚を傷つけない

傷口から細菌が感染して炎症が起こると、リンパ液が増え、リンパ浮腫発症のきっかけになることがあります。けが、やけど、虫刺され、ペットの引っかき傷、乾燥によるひび割れなどにより、手術した側の皮膚を傷つけないように注意します。例えば庭仕事をするときには、長袖や長ズボンなど肌を覆う衣服を着用したり、ゴム手袋や長靴をつかうなど、皮膚を保護する工夫をすると良いでしょう。

 

・体の一部を締め付けない

ブラジャーやパンツなどの下着、靴下のゴム、服の袖口などで体の一部を締めつけると、リンパ液の流れが悪くなります。体に跡が残るような衣類は避けてください。

 

・負担をかけない

腕や脚に負担がかかると、リンパ液の流れが悪くなります。腕の場合は、重い物を長時間持ったり、腕にぶら下げたりしないようにします。脚の場合は、正座、立ちっぱなし、座りっぱなしなど長時間同じ姿勢を続けることも、リンパ液の流れを悪くさせます。時々姿勢を変えたり、ストレッチを行うとよいでしょう。

 

リンパ浮腫は、適切なケアを行うことによって改善するので、早めに気づいて、早期から医師、看護師の正しい指導を受けてください。

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146