更年期障害の薬!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

更年期障害の薬!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、更年期障害の薬についてです。

更年期の女性の体には大きな変化が起こり、それに伴って、体や心にさまざまな症状が現れることがあります。つらいときには、ひとりで悩まず、治療を考えてみるとよいでしょう!

 

 

 

 

 

「更年期」とは、医学的には、女性の閉経を挟んで前後各5年間ほど、計10年間ぐらいの期間を指します。日本の女性では、閉経の年齢は平均50歳ぐらいで、45〜55歳ごろが更年期に当たる人が多いです。更年期が近づくと、卵巣の働きが衰えて、分泌される女性ホルモンの量は急激に減少します。女性ホルモンは、性ホルモンとしての働きのほかにも全身の組織に関わるさまざまな働きを担っており、ホルモンバランスが崩れることで、体内の環境は大きく変化します。その結果、心身にさまざまな変調が起こることがあります。女性ホルモンには「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」があるが、なかでもエストロゲンの減少による影響が大きい。

 

この更年期に起こる心身の不調が、一般に「更年期障害」と呼ばれています。症状は実に多様で、いくつも重なっていることも多く、人によって現れ方もさまざまです。

 

治療法としては、薬物療法と、カウンセリングなどの心理療法が中心になります。

更年期障害には、実は明確な定義がなく、診断基準もありません。広い意味では、更年期に起こる心身の不調すべてを指すともいえますが、その中には、その年代に起きてくるさまざまな病気が含まれてきます。

うつ病や不安障害、時には甲状腺機能亢進症・低下症などが紛れ込んでいることもあります。治療にあたっては、その鑑別が重要になります。

更年期障害の症状や経過には個人差が大きく、性格や環境も関わって、病気の成り立ちは複雑です。治療は、薬物療法と心理療法を両輪として、症状の背景にある原因を探りながら、一人一人に適する方法を探っていくことになります。

 

 

薬物療法の柱となるのは、女性ホルモン薬、漢方薬、向精神薬(抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬など)です。そのほか、症状に応じた薬を併用することがあります。

更年期には女性ホルモンが不足して症状が出るのだから、ホルモン剤で治すのだろう、というイメージが一般的にあるようです。確かにホルモン剤がよく効く人はいますが、それは更年期障害で悩む人の3割くらいでしょう。症状の原因は人によってさまざまで、それに応じた薬を使うことが重要になります。ただし、最初から鑑別がつくものばかりではありません。産婦人科では、まずホルモン検査をして、エストロゲンの量を調べます。著しく減少していれば、まずはそれを補う『ホルモン補充療法』を試してみてもよいでしょう。ただ、それで効果が見られなかったら、ほかの原因を探っていく必要があります。一般には、ホルモン剤で効果がなければ漢方薬を考えます。また、心の症状や、精神的ストレスから発生したと思われる身体症状が強い場合は、向精神薬が用いられます。

 

 

ホルモンの急激な変化が症状を起こす主な原因になっている場合には、劇的に効きます。特に、急に顔や体がほてって汗をかいたりする『ホットフラッシュ』などの症状が中心の人に効きやすいとされています。通常1〜2週間使えば効果を実感でき、2ヶ月以内に確実に症状の改善がみられます。

長期に使えば、肌の状態が良くなるとか、骨粗鬆症予防にも良い、などと言われますが、副作用による不利益もあるので、長期間使うことは推奨されていません。

 

 

いぜんは子宮体がんのリスクが高くなると言われましたが、今はホルモン剤の使い方で対処します。乳がんについては、長期の使用でリスクが高まるといわれていますが、更年期障害の治療で数ヶ月〜数年使うぐらいなら、まず問題ないとされています。

 

副作用は、子宮からの不正出血や、むくみが起こることがあります。また、血栓ができやすくなる可能性もあります。

 

 

乳がんや子宮体がん、血栓症になった人は行えません。子宮筋腫や子宮内膜症など、エストロゲンによって成長する腫瘍がある人にも勧められません。血栓ができやすい病気があったり、家系に心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症が多いような人も慎重に考える必要があるでしょう。

 

 

日本では、月経や妊娠・出産、更年期など、女性ホルモンの変動期に起こる不調を“血の道症”と呼んで、古くから漢方治療が行われてきました。体の症状も心の症状も含まれます。漢方薬は種類が多く、その人に合う薬を選べば、更年期の大抵の症状に、ある程度の効果が期待できます。漢方薬は、現れている個々の症状に対して使うのではなく、その人の全身的な病態に対して使うのが特徴的で、その病態から起きている症状をまとめて改善していきます。

 

漢方薬にも副作用はあります。長い歴史の中で危険のあるものは淘汰され、一般に副作用は起きにくくなっていますが、中には起こる人もいるので注意は必要です。

 

 

漢方には“体質改善”のようなイメージがあるのかもしれませんが、症状と使う薬によっては、速やかに効果が現れるものもあります。例えば、更年期障害のホットフラッシュに対してある漢方を使うと、病態に合う人では1時間ほどで効果が現れます。漢方薬だから、長期間使わないと効果がない、というものではありません。

 

医師の処方によって使う医療用医薬品の漢方薬には、健康保険が適用されます。特殊な生薬を用いる薬には、健康保険が適用外のものもありますが、一般的な漢方処方はまず保険診療で使えます。一つの薬でいろいろな症状を併せて改善する漢方薬は、西洋薬を何種類も使うより、むしろ薬代がかからないこともあります。

 

 

うつ気分やうつ状態は、広義の更年期障害でよく見られる症状なので、抗うつ薬は更年期障害の一般的な治療薬の一つです。不眠がつらければ睡眠薬を、不安が強ければ抗不安薬を使うこともよくあります。その薬が必要な期間は、心配しないで上手に活用してください。

 

自律神経のバランスの乱れに伴って起こる体の症状には、自律神経調整薬を補助的に用いることがあります。また、冷えがある時に末梢血管拡張薬やビタミンE剤を使ったり、膣の粘膜が乾燥・萎縮して性交痛があるなら潤滑ゼリーを使うなど、個々の症状に応じて対処します。悩んでいる症状があれば、医師に相談してください。

 

更年期障害の治療はまさに『個別医療』で、薬の使い方も一人一人異なります。うつや不眠がホルモン剤だけでよくなる人もいれば、漢方薬でよくなる人も、抗うつ薬や睡眠薬が必要になる人もいます。ホルモン剤か漢方薬の二者択一ではなく、必要に応じて、両方を併用することもあれば、さらに他の薬を加えることもあります。

症状が治まれば、必要なくなった薬から減らします。同年代の友人と症状が似ているからといって、同じ薬が効くとは限りません。どの薬が適するかは、自分の症状や生活状況などを伝えて、専門医に判断してもらいましょう。使い始めてからも、症状の変化を確かめながら調節します。

場合によっては、産婦人科ばかりでなく、ほかの診療科の受診を勧められることもあります。

 

 

更年期ごろに女性ホルモンが減少するのは生理的な変化であって、それ自体が病気ではありません。急激な変化に体が対応できない時には薬も有用ですが、更年期障害には、人間関係や生活環境が関係していることもあります。その場合は、人との付き合い方や考え方、暮らし方を見直すことも必要になります。

更年期外来では、話を聞いて、原因を見つけたり、問題点を整理する手助けをしますが、変えるのは患者さん自身です。更年期を表す英語climacteriumには“階段の踊り場”という意味があります。息が切れても、踊り場で一息つくと、また階段を上っていけるものです。

体はやがてホルモンの減った環境に慣れてきます。一息ついて元気を取り戻し、人生の次のステップへと踏み出してください。

 

 

女性は皆、更年期を迎え、さまざまな不調に悩む人もたくさんいます。ただ、生活に支障を来すようなら、自己判断で更年期障害と決めつけずに、受診して原因を確かめてください。助けになる薬もきっとあります。

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146