高齢者のうつ⁉︎|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

高齢者のうつ!?

  • スタッフブログ

こんにちは。

まろん鍼灸接骨院です。

うつ病は働き盛りの若い世代に多いと思われがちですが、実は高齢者にも多いのです。

しかも、認知症の症状とよく似ているため、うつ病だと疑われにくいのです。

そこで今日は、そんな高齢者のうつ病に関してのお話です。

 

◉高齢者のうつ病

うつ病を含めた「気分障害」の患者数のデータによると、60〜70歳代の女性が非常に多いことがわかっています。

男性の場合は、中高年に比べると減少しますが、これは高齢の男性が医療機関をあまり受診しないためではないか、とも考えられています。

高齢者にうつ病が多いのは、きっかけとなる事柄が増えるためです。

仕事を引退して孤立することが増えたり、経済的な心配が生じたりします。

配偶者や親しい人との死別を経験したり、病気を発症することも多くなり、体の衰えも実感するようになります。これらをきっかけに、うつ病を発症することがとても多いのです。

 

◉高齢者の場合は見逃されやすい

高齢者にうつ病が起こりやすいということは、一般にはあまり知られていません。

そのため、「高齢だから元気がなくても当たり前」「体の調子が悪ければ憂鬱にもなるはず」などと考えられてしまい、見逃されやすいのです。

高齢者のうつ病を見逃さないためには、その特徴を知っておく必要があります。

高齢者がうつ病を発症すると、まず引きこもる傾向が強まり、家事などをしなくなります。イライラや、不安感が目立つようになり、頭痛や腰痛などの痛み、あるいはだるさなどの体の不調を訴えるようにもなります。

ほかにも、「自分は罪を犯している」「わが家はお金がなくなり破産する」などといった妄想で苦しむ人もいます。中には、うつ病と思えない症状もあるため、高齢者のうつ病は見逃されやすいのです。

 

◉注意が必要なこと

高齢者のうつ病で現れる症状は「アルツハイマー型認知症」の初期の症状によく似ています。どちらも活気がなくなって引きこもりがちになりますし、物事に対する興味も示さなくなります。

物忘れも共通する症状です。

アルツハイマー型認知症では、もの忘れは認知機能の低下によって起こりますが、うつ病では、判断力や注意力が低下するため、もの忘れが起こるようになります。

 

■うつ病のもの忘れ

うつ病の始まりとともに、比較的急に始まります。また、本人は物忘れをしたことを自覚していて、それを苦痛に感じたり、自分はダメだと考えたりしがちです。

 

■認知症のもの忘れ

いつとはなしに始まり、ゆっくり進みます。

本人はもの忘れをしたことに気付いていません。周囲の人から指摘をされると、何かの理由をつけて取り繕います。

その理由が見当違いのことがあるのも特徴的です。

 

うつ病と認知症は全く異なる病気ですが、合併していることも少なくありません。

 

◉検査を受けよう!

うつ病や認知症ではないかと思える症状がある場合には、精神科や神経内科など、うつ病や認知症を専門とする医療機関を受診することが勧められます。

うつ病、あるいは認知症と既に診断されている場合も、合併の有無を調べるため、一度受診すると良いでしょう。

うつ病が疑われる場合には、問診などで診断されます。

認知症が疑われる場合は、認知機能のテストや脳の画像検査が行われます。

診断がつけば、それぞれの治療が行われます。認知症の場合は、薬によって進行を抑える治療が中心です。

うつ病で認知機能が低下している場合は、うつ病の治療を行い、うつ病が改善することで認知機能も改善する可能性があります。

 

◉自分でできること★

高齢者がうつ病を予防したり、症状を軽減したりするために、自分自身でできることがあります。

勧められるのは、趣味を持ったり、家庭や地域で役割をもったりすることです。スポーツをしたり、外に出て人間関係を広げるのが良いなどとよく言われます。

デイケアなどに行くことも勧められます。

これらのことが出来る人はよいのですが、中には難しい人もいます。

そのため、自分の好みに合わせることが大切です。

趣味は室内で1人で行うものでもよく、パソコンが得意な人はインターネットの交流サイトで人間関係を広げるのもよいでしょう。自分に合った方法で生活の中で楽しみを見つけたり、人と関わりをもつようにすればよいのです。

 

◉周りの人ができること★

周囲の人はじっくり話を聞くことが基本です。

高齢者は、気持ちがつらくなっているときでも、自分から積極的に相談しないことがよくあります。そこで、話を聞く機会をつくることが大切です。

また、日常生活でちょっとした手助けをすることも勧められます。助けてもらえて嬉しいという気持ちが、うつ病の予防や改善に役立つからです。

 

いかがでしょう??

年齢に関係なく発症する「うつ病」。

ちょっとでも不安な点があったら、一度医療機関にかかりましょうね★

 

ストレスで体が辛い方は、まろん鍼灸接骨院で心も体も揉みほぐしましょう!!

我慢しないでくださいね(°▽°)

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   http://www.maronshinkyuu.com