不整脈:薬とカテーテル|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

不整脈:薬とカテーテル治療!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、不整脈の治療についてです。

・原因がわからない場合は、生活習慣の見直しが重要!

 

 

 

 

「不整脈」には、大きく分けて、心臓の収縮と拡張のリズムが速くなる「頻脈」と、遅くなる「徐脈」があります。

誰でも緊張や運動をすると一時的に脈拍が速くなり、睡眠中などは脈拍が遅くなります。こうした正常な体の反応によるものを除くと、不整脈は次のような原因で起こることが分かっています。

・心臓自体の異常

狭心症や心不全がある場合に現れることがありますが、こうした病気がなくても現れる不整脈もあります。不整脈の最も大きな原因です。

 

・全身の病気

高血圧や肺の病気など、心臓以外の全身の病気の症状として、不整脈が現れる場合があります。

 

・薬の副作用

気管支喘息や肝臓の病気の治療薬、好血小板薬などでは副作用として頻脈が起こることがあります。

 

・神経、ホルモンの異常

神経やホルモンの異常でも不整脈が起こることがあります。例えば、甲状腺ホルモンが過剰になる「甲状腺機能亢進症」では頻脈が現れ、甲状腺ホルモンが低下する「甲状腺機能低下症」では徐脈になります。

 

不整脈の原因がわかっている場合は、まずその原因への対策を取ることが大切です。しかし、原因がはっきりしないものも数多くあります。そのため、治療では日常生活を見直すことも必要です。

 

 

 

△日常生活での注意点

まず、喫煙や過剰な飲酒は避けます。また、カフェインや刺激物も不整脈を誘発することがあるので、コーヒーやお茶、香辛料などを取り過ぎないようにします。

激しい運動、排便時の息み、入浴の際などの急な温度変化は、心臓に負担をかけ、不整脈を悪化させることがあるので注意が必要です。また、肥満や高血圧は不整脈と関係すると考えられていますから、その改善にも取り組みます。

 

不整脈には、軽症のものもあれば、重症のものもあります。日常生活の見直しで改善する不整脈もありますが、それ以外の場合は「薬物療法」「カテーテルアブレーション」「ペースメーカなど」による治療を受ける必要があります。これらの治療法は、不整脈の重症度やタイプなどによって選択されます。

 

 

不整脈の薬は「不安を和らげる薬」「脈拍を遅くする薬」「脈拍を速くする薬」「血栓を予防する薬」の5つに大別されます。

・徐脈の場合

徐脈を改善するために、脈拍を速くする薬が使われます。

 

・頻脈の場合

頻脈による不安から症状が悪化していることがあるため、まずは不安を和らげる薬が使われます。頻脈の改善には、脈拍を遅くする薬が用いられますが、急いで発作を抑える必要がある場合は、発作を止める薬が使われます。

 

 

頻脈の一種である心房細動があると、心房内に血液が滞って血栓(血液の塊)ができやすくなります。この血栓が血流によって脳の血管に運ばれて詰まると、脳梗塞を起こす危険性があります。それを防ぐには、血栓を予防する薬を用いて、血栓ができるのを抑えることが重要です。

心房細動に次のような状態がある人は特に注意が必要です。「心不全がある人」「高血圧がある」「75歳以上」「糖尿病がある」を各1点、「脳梗塞を起こしたことがある」を2点とし、該当する項目の合計が2点以上だと脳梗塞を起こす危険性が非常に高いので、血栓を予防する次のような薬が必要になります。

 

・ワルファリンカリウム

以前から使われている薬で、服用量の調節が重要です。食べ物や他の薬の影響を受けやすいため、効果が弱くなったり、強くなったりすることがあります。

 

・ダビガトラン、X a因子阻害薬

ダビガトランは2011年に、X a因子阻害薬は2012年に登場した薬です。どちらも一定の服用量で効果が期待でき、食事などの影響もほとんど受けません。それだけ使いやすい薬と言えます。

 

血栓を予防する薬は、出血が起きやすくなるので注意が必要です。ダビガトランやX a因子阻害薬の場合、消化管出血を起こすリスクがあります。腎機能の低下している人や高齢者では出血の危険性が高まるため、慎重な使用が必要とされています。

 

 

 

△カテーテル治療は、頻脈の根治を目指す治療法

頻脈に対しては、薬物療法以外にカテーテルを使った治療が行われることもあります。太ももの付け根の大腿静脈などからカテーテル(細い管)を数本挿入して異常のある部分を焼灼する、「カテーテルアブレーション」という治療法です。

 

心房細動の場合、異常な電気信号の発生部位は、左心房とつながる肺静脈と深い関係があるとされています。したがって、左心房と肺静脈との接合部分をカテーテルの先端の電極で焼灼し、心房細動を起こす異常な電気信号を遮断します。

 

カテーテルアブレーションは、WPW症候群などの「発作性上室性頻拍」では90%以上の根治率ですが、「発作性心房細動」では治療後約2年の経過観察では、治療を受けた患者さんの70〜80%で症状が抑えられていました。

 

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146