知っておきたい目の病気!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

知っておきたい目の病気!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、目の病気についてです!

加齢とともに増える「目の病気」。日常生活では気付きにくいものも多くあります。

見え方に異常がないかどうかをチェックし、病気の疑いがあれば早めに受診しましょう!

 

 

 

 

人間は、世の中の情報の約80%を、目(視覚)を通じて得ていると言われています。しかし、たくさんの情報を得るために酷使された目の機能は、どうしても加齢とともに衰えてしまいます。若い頃と全く同じように見ることはできなくなりますし、日常生活でもさまざまな症状が出てきます。

 

例えば「物が見えにくくなった」「まぶしく感じる」「ゴミのようなものが見える」などがありますが、こうした症状の裏側には、さまざまな病気が潜んでいることもあります。

 

まずは、以下の項目で当てはまる症状がないかどうかをチェックしてみてください。当てはまる症状がある場合は、一度眼科を受診しましょう。

 

・見えにくい、視力が落ちた

「白内障」や「緑内障」のほか、ピントが合わせにくくなる「老眼」「屈折異常」や、視力と関わりの深い黄斑部に孔が開く「黄斑円孔」などの可能性がある。

 

・中心部が暗く見える

・物が歪んで見える

・左右の目で物の大きさが違って見える

いずれも、「加齢黄斑変性」など黄斑部の病気で多く見られる。

 

・視界になにかがちらつく

生理的なものと考えられる「飛蚊症」や、網膜の障害によって起こる「硝子体出血」などの可能性がある。

 

・光が滲んで見える

眼球の内側から外側にかかる圧力が急激に上昇することで起こる「急性緑内障発作」で多く見られる。

 

・視野が狭くなった

視神経が障害されて起こる「緑内障」などの可能性がある。

 

・視野が欠ける

「緑内障」や網膜が剥がれる「網膜剥離」などの可能性がある。

 

・チカチカする光がだんだん大きくなる

「偏頭痛」の前触れとして現れることがある。

 

・光がない場所で光が見える

目に入ってきた光が像を結ぶ網膜に孔が開く「網膜裂孔」などの可能性がある。

 

・まぶしく感じる

「白内障」や、まぶたの開閉がうまくできなくなる「眼瞼痙攣」などで多く見られる。

 

・突然、物が見えなくなった

「網膜動脈閉塞症」「網膜静脈閉鎖症」「網膜剥離」「糖尿病網膜症」といった網膜の病気で多く見られる。「視神経の炎症」や「脳の病気」などでも起こることがある。

 

・二重に見える

「白内障」や、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる「バセドウ病」などの可能性がある。「脳の病気」や「糖尿病」でも起こる。

 

 

 

当てはまる症状によって疑われる病気はさまざまですが、中高年に多いものとしては、次の3つがあります。

・白内障

目の中でカメラのレンズの役割を果たす「水晶体」が濁り、目のかすみや視力低下が起こる病気です。加齢に伴って起こることが多く、白内障の原因の9割以上を占めています。ただし、症状の程度には個人差があり、すべての人に視力障害が起こるわけではありません。

 

・緑内障

目に入ってきた光を脳に伝えるのに重要な役割を果たす「視神経」が障害され、視野が狭くなる病気です。初期から中期では症状を自覚しにくいのですが、適切な治療を受けないと視神経の障害が進み、やがて失明するおそれがあります。生後に失明する「中途失明」の原因として最も多い病気です。

 

・加齢黄斑変性

目に入ってきた光が像を結ぶ「網膜」の中央にある「黄斑部」が障害され、物がゆがんで見えたり、中心部分が暗く見えたりする病気です。50歳以上の男性に多く、欧米では中途失明の第1位を占めます。

また、上記で示した見え方の異常には、目の病気以外のもんが原因となることもあります。例えば、「糖尿病」が原因で網膜が障害されて視力が低下したり、「脳梗塞」「脳腫瘍」などの脳の病気が原因で物が二重に見えたりすることもあります。

見え方のチェックは、こうした全身の病気の発見にも役立つのです。

 

 

 

「見えにくい」などの目の不調は、どれだけ健康的に見えているかを表す“見え方の質(Quality Of Vision)”を損ないます。目の病気を早期に発見し、治療することは、見え方の質の低下を防ぎます。そして、それは結果的に“生活の質(Quality Of Life)”を維持していくことにも繋がるのです。

近年、目の病気の検査法や治療法は、とても進歩しています。気になる症状があある場合は早めに受診し、適切な治療を受けることが大切です。

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146