夏の|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

子どもの夏の発熱に注意!

  • スタッフブログ

こんにちは。

まろん鍼灸接骨院です。

まだまだ残暑が続いていますね〜

こまめに塩分・水分補給をして、倒れないように十分注意していきましょう★

そこで今日は、子どもが注意すべき夏の発熱についてのお話しです。

 

◉子どもがかかりやすい病気

夏の季節に小学校低学年の子どもがかかりやすいものとして、

①手足口病

②ヘルパンギーナ

③プール熱(咽頭結膜熱)

などのウイルス感染症があります。

 

①手足口病

37〜38℃の熱が出る場合と、熱が出ない場合とがあり、手のひらや足の裏に発疹ができ、口の中に水ぶくれがみられます。

②ヘルパンギーナ

前触れもなく突然40℃近い高熱が出て、のどの奥に水ぶくれができます。

③プール熱

38〜40℃の高熱が出て、のどが腫れて痛み、目の充血が起こります。

 

これらは、乳幼児が集団生活をする保育施設などで集団感染が起こりやすいことが知られています。高熱が出ても、いずれも命に関わる病気ではありません。

子供の様子を見ながら、慌てずに医療機関を受診してください。

熱が下がるまでの3〜5日程度(プール熱では1週間程度)は、下痢や嘔吐による脱水症状に注意が必要です。

 

子どもは症状が酷くなるまで我慢してしまう場合もあります。

親御さんは、いつもと感じが違うなと思ったら、気にかけてあげるようにしましょう。

早期発見・早期治療!

 

夏の疲れが残っている方は、まろん鍼灸接骨院で体のケアをしましょうね〜

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   http://www.maronshinkyuu.com