後遺障害とは|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

後遺障害とは


後遺障害(後遺症)・後遺障害等級・併合

①後遺障害
交通事故で負った怪我の治療が終了(症状固定)した時点で残った障害のことを「後遺障害」といいます。
②後遺障害等級
症状固定時点で、後遺障害が残っている場合には、申請をして後遺障害等級認定を受けることができます。
後遺障害等級は、残った障害の程度に応じて1級から14級まであり、後遺障害等級認定を受けると、交通事故の慰謝料とは別に等級に応じた慰謝料(後遺傷害慰謝料)と逸失利益(後遺障害逸失利益)を受け取ることができます。
③併合(複数の後遺障害が残り、そのいずれの症状にも後遺障害等級がつく場合)
複数の後遺障害が残り、そのいずれの症状にも後遺障害等級がつく場合には、併合等級になり等級が上がることもあります。等級が上がり、損害賠償額が増額することもあります。
【ケース1】
第5級と第10級の後遺障害が残った場合は、重い方の第5級が1段階上がり、第4級の後遺障害となります。
【ケース2】
後遺障害等級が第13級と第14級だった場合は、重い方の第13級に認定されるだけで、等級の繰り上がりはありません。

等級認定の流れ

後遺障害が残ることが明らかな場合は「症状固定」とみなされ、医師の診断書を元に「損害保険料率算出機構」という機関に等級認定の申請をすることになります。
(申請する時期の目途は、交通事故でケガを追ってから、6ヶ月程度です)

等級認定の流れ
等級認定の流れ