販売品のご紹介〜温湿布〜|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

販売品のご紹介〜温湿布〜

  • スタッフブログ

受付の横に置いてあるこちらが温湿布です。

一袋十枚入りで、値段は三百円となっております。

 

通常の温湿布は唐辛子が入っていることが多いです。

唐辛子、食べると口の中がヒリヒリして熱くなる感じがしますよね〜。

唐辛子入りの温湿布も同様に、貼った場所が熱くなる感じがします。

ただ、ヒリヒリする感じも同様に出てきてしまいます。

このヒリヒリ感は肌への刺激が強いために起こるので、肌が弱い人はかぶれやすかったりするのです。

 

そこで、当院に置いてある温湿布の広告をご紹介。

そう、当院の温湿布は生姜由来の温かさなんです!

唐辛子由来の商品と比べ、刺激が少なくかぶれにくいのです!!

 

因みに、患者さんによく「温湿布と冷湿布、どちらがいいの?」 という質問をいただきます。

その回答として、ギックリ腰や肉離れなど、痛めたばかりの急性期には冷湿布、肩凝りや、単純な腰痛、痛めてから4〜5日程度経過した怪我には温湿布が良いとされています。

ただ、ほとんどの冷湿布はひんやりとした「感じ」がするだけで実際に冷やしているわけではないので、急性期にはアイシングもご一緒に。

 

 

まろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」

土曜、日曜、祝日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   https://www.maronshinkyuu.com