オスグッド・シュラッター病|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

オスグッド・シュラッター病

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です!

 

今日はオスグッド・シュラッター病を紹介いたします。

オスグッドとは成長期に起こりうる疾患で、前ももの筋肉(大腿直筋)が膝にくっついている部分(脛骨粗面)を繰り返し引っ張ってしまうことで、脛骨粗面が隆起して来てしまうというものです。 運動時に痛みが出て来ます。進行すると、どんどん骨がでっぱっていき、さらに進行すると骨が剥離骨折を起こしてしまうこともあります。

まだ骨が柔らかく、筋肉が強くなってくる小学校高学年〜中学生に多いです。

 

 

痛みが強く、どこかにぶつけるとしばらく動けないくらいの痛みが走ります。

↓(実際にオスグッドがあるスタッフの膝です。自分の膝と見比べるとわかりやすいかもしれません。

基本的には安静にしておくことで痛みが収まっていきます。 そして成長が止まると症状も収まっていくことが多いです。ちなみに自分は未だに痛みが残っています。

 

実はこのオスグッド、日本のサッカーやバスケをやっている子を中心にかなり出現率が高いです。 大きな理由は二つ。

一つ目がサッカーやバスケといった種目がダッシュやジャンプを繰り返し、大腿直筋の収縮を何度も繰り返すこと。これは種目の特性上ある程度仕方がないことかもしれません。

二つ目は指導者の知識不足によりストレッチが十分でなかったり、オーバーユースになってしまうことです。 プロの下部チームなどのしっかりとしたメディカルスタッフがいるチームでは、オスグッドの子が出て来た時点でそのメディカルスタッフが解雇されてしまうという話を聞いたことがあります。

つまり「予防」ができる疾患なのです。

 

一番の予防は運動前後にももをよく伸ばしておくことです。

小学生のお子さんなんかは自分で自主的にはできないことが多いです。

周りの大人達が気にしてあげることが大切です。

 

運動を控えれば4〜6ヶ月程度で痛みが収まっていきますが、多くの子は痛みと付き合っていきながらそのままスポーツを続けています。スポーツをしていると痛いというのは技術や身体の成長の妨げになりますし、長い期間の休暇も同様です。

予防ができればそれが一番良いのです。

 

これはどのスポーツにも言えることですが、運動前後のストレッチが怪我や痛みの防止になりますので面倒だと言わずに必ずおこなってくださいね。

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   https://www.maronshinkyuu.com