台風5号の影響で竜巻が発生しましたね。|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

台風5号の影響で竜巻が発生しましたね。

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

先日の台風の影響で愛知県で竜巻が発生しました。ということできょうは竜巻に対する防災のお話です。

竜巻などの突風は一年を通して国内のどこにでも発生します。日本ではそこまで多くはないですが、毎年どこかしらで被害を出しています。竜巻の発生しやすい気象条件は決まっているため、気象情報を通じて竜巻の被害に遭わないように気をつけましょう。

 

竜巻は上空に強い寒気が入るなどして地面との気温差が大きい時に発生しやすくなります。この上空と地上の気温差が大きい状態をテレビなどの天気予報では「大気の状態が不安定」と表現しますので注意が必要です。みなさん聞いたことがあるのではないでしょうか。これに加えて「雷を伴う」や「竜巻などの激しい突風」という直接的な表現があればなおさら注意が必要です。

実際に竜巻が近づく時には兆候もあります。「雷が鳴り始め急につめたい風が吹く」「雲の底から漏斗状の雲が降りている」「気圧の変化で耳がツンとするなどの異常を感じる」などがあります。

 

では実際に竜巻が発生したらどうすれば良いのでしょうか。

竜巻は、時速70〜80kmのスピードで移動しています。竜巻が発生したらコンクリート製などの頑丈な建物の中に入り、竜巻が通過するのをまちましょう。屋内にいる場合はできるだけ一階の窓のない部屋に逃げましょう。まだ竜巻が遠くにいるうちに窓、雨戸、カーテンを閉めましょう。屋外にいる場合は風で飛んできたものから身を守るために、物陰などに隠れ、身を小さくして頭と首を守ります。電柱や樹木などは倒れる危険がありますのであまり近づかないようにしましょう。

 

最近は自然災害のニュースが多くなっています。夏は台風も発生しますので天気予報に注目してみましょう。

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   https://www.maronshinkyuu.com