エアコンのタイマー設定|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

エアコンのタイマー設定

  • スタッフブログ

 

寝苦しい夏の夜、エアコンのタイマーは何時間に設定するのが良いのでしょう?

夏の夜、なかなか寝つけなかったり、途中で何度も目が覚めてしまったりと寝苦しさに悩まされていませんか?

原因は、かいた汗でベッド内の湿度が高くなるからであり、無意識に体勢を変えて体を乾かそうと寝返りが増え、眠りが浅くなりがちになるからです。理想の寝具内の湿度は50%前後ですが、夏は80~90%になることもあります。

じつは室内の温度を下げるだけでは不十分。寝る前の準備や寝具も合わせて工夫することによって、快眠できるようになるそうです。その具体的な方法を紹介します。

「寝具」「冷房」「寝る前の準備」の3つの合わせ技で、寝苦しさを解決しよう!

 

『冷房のタイマーは3~4時間に設定する』

快眠のいちばんのコツは、体温のリズムに合わせて冷房を使うことです。
体温は2~4時がもっとも低くなり、その後目覚めに向けて上がります。寝る1~2時間前にエアコンを入れて室内を冷しておき、タイマーを3~4時間に設定すれば、タイマーが切れてしばらくたって気温が上がるころに体温も上がるタイミングになるので、身体を冷すことなく体温を上げてすっきりと目覚めることができるのです。温度は、27~28℃がおすすめですよ!

エアコンの効きをよくするためには、熱を部屋に蓄積しないように、外出時に寝室のカーテンをしめておくことも大切になります。断熱シートを窓に貼ったりすだれをかけたり、あるいは、グリーンカーテンをつくるのも効果的です。また帰宅したら、換気をしてから冷房のスイッチを入れるようにしましょう。

同じ冷房器具ということで、扇風機を併用する方も多いと思いますが、直接当てるのはNGです。
体温を奪われるうえ、鼻や喉も乾燥し、夏風邪をひきやすくなります。また足にずっとあてるのも、血行障害をおこしこむら返りの原因になりやすいので注意しましょう。首ふり機能を使って上向きに風を送り、室内上部の空気を撹拌させるといいですよ。

 

『夏はワッフル織など、通気性のいい生地の寝具に』

寝具内の湿度を50%前後に保つためには、通気性のいい寝具に変えてみるのも1つの手です。
たとえばタオルケットは柔らかくて気持ちいいのですが、肌にまとわりつき密着度が高いので通気性がイマイチなのです。ガーゼ織りやワッフル織りなどデコボコ感のある生地の寝具のほうが、肌にまとわりつかず通気性がよくて涼しいです。また寝間着は、暑いからといってキャミソールなど肌を露出する格好でいると、かえって汗が乾きにくくなります。素早く汗を吸って蒸発させてくれるパジャマがおすすめです!

 

『入浴は寝る2時間前、シャワーではなく湯船に浸かって』

心地よい眠りに入るためには、事前の準備も大切になります。特に気をつけたいのが、「お風呂」です。
夏はシャワーで済ませがちですが、ちゃんとお風呂に浸かることをオススメします。人間は深部体温が下がるとスムーズに眠りにつけるので、39~40℃のぬるめのお湯で全身浴で15分程度入ると、温まった皮膚表面から効率的に内部の熱を放散できます!冬は1時間ほどでこの温度が下がりますが、外気が暑い夏は時間がかかるので、寝る2時間前にはお風呂を出るようにするのがベストですよ。

 

寝る前にしっかり準備を整えて質のいい眠りで夏を乗りきってくださいね!

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   https://www.maronshinkyuu.com