な知恵熱の本当の意味、ご存知ですか?|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

知恵熱の本当の意味、ご存知ですか?

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

 

知恵熱は本来、「乳幼児期に突然起こることのある発熱のこと」で、「普段使わない人が、頭を使ったりした後の発熱」という使い方は誤用ということになります。

こうした言葉の使い方で正しい使われ方をしていないものは意外と多くあります。例えば「足元をすくわれる」は「足をすくわれる」が正しいです。

言葉の意味でも「さわり」は「話などの要点」という意味が正しく、「話の最初の部分」というのは間違いです。他にも「ぞっとしない」は「面白くない」が正しい意味で、「怖くない」というのは誤りです。「元旦」は「1月1日の」という意味があるので「元旦の夜」という使い方は間違っています。

 

例をあげればきりがないですが、普段な逃げなく使っている言葉でも、それが間違っていることがあります。言葉は正しく使いたいですが、正しい言葉が相手に伝わらないのでは意味がないですから、広く使われている言葉は一概に誤用とは言えないのかもしれないですね。

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   https://www.maronshinkyuu.com