ハイボルテージ 治療 × まろん鍼灸接骨院|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

ハイボルテージ 治療 × まろん鍼灸接骨院

  • スタッフブログ

こんにちわ!まろん鍼灸接骨院です

今月からハイボルテージ治療(フィジオアクティブHVを導入致しました。急な怪我に対しての鎮痛作用やスポーツされている方は身体のケアなんかにも使用されています。

プロスポーツ選手も数多くの方が愛用していて、スポーツ業界では大活躍の医療機器です。

プロ野球選手の大谷翔平選手の独占インタビューが載っていたのでご紹介いたします。

ハイボルテージ治療

Q 昨シーズンにはフィジオアクティブHV(小型ハイボルテージ電流治療器)をご自身でご購入いただきました。治療器を買うのは初めてですか。
大谷) 初めて買ったのは超音波治療器で、フィジオアクティブHVは、2台目ですね。両方使っています。

Q そうしたセルフケアを始めたのはいつごろからですか。
大谷) 超音波治療器を買ったのが2〜3年ぐらい前なので、それからですね。

 

Q フィジオアクティブHV(小型ハイボルテージ電流治療器)を購入されたきっかけは
大谷) ハイボルはトレーナー室に置いてあるので、もともと使っていました。ただ、置いてあればチームのみんな全員が使うので、なかなか自分がやりたいと思う時にできないこともあるんです。 朝、練習前にも使いますし、僕はやりたい時にはすぐにできた方がいいなと思って買いました。 フィジオアクティブHVは、ハイボルがこんなに小さければ持ち運びにもいいなと思って買いました。デザインもかっこいいと思います。 これ結構みんな持ってますよね。持ってる人が気に入ってプレゼントしてますし、僕もプレゼントしたことがあります。(野球選手で)使ってる人は多いと思いますよ。

Q 選手ご自身で当てることが多いですか。
大谷) やってもらうことももちろんありますけど、ショックマスターのハンドピースもハイボルのペンも、ここだなっていうところに自分で探して当てられるのがいいです。ハイボルの片側の粘着パッドも自分で位置を探して貼ってます。 ハイボルを使うときは投球後の肘の張りをとるために使うことが多いですね。朝は緩めるイメージで超音波を使ったりもします。

Q 小・中・高校時代はセルフケアはしていましたか。
大谷) それこそストレッチぐらいですね。高校の時はトレーナーさんがいて、週に何回か来てマッサージとか治療をしてもらっていましたけど、自分でやるとなると、そんなに大したことはできてなかったです

ケガをしない身体作りをするのもスポーツ選手にとって大切な事ですね。

まろん鍼灸接骨院は全力でスポーツ選手をサポートしていきます。是非、ご相談ください!!

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院
「手技中心の治療」
土曜、日曜、祝日、休日も診療
朝8時〜夜21時まで受付
羽村市双葉町2-1-33
TEL 042-578-9146
HP   https://www.maronshinkyuu.com