ハイボルテージとは    |羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

ハイボルテージとは    

  • スタッフブログ

こんにちわ!まろん鍼灸接骨院です。

先週からハイボルテージ治療の導入を始めましたが、かなりの効果が見受けられてます。

運動会シーズンもあって普段やらないような動きをしてしまい、腰や膝を痛めてしまう患者様が多くいらっしゃいました。

中でも、綱引きをして背中を痛めてしまった患者様が来院されたときは、かなりの痛みが出てしまっていて歩くのも困難な状態でした。

背筋も猫背になってしまい、ベットにうつ伏せになれない状況でハイボルテージを使用していきました。

そもそもハイボルテージとは?

ハイボルテージ療法は、高電圧電流を駆使した電流刺激で皮膚に抵抗を加えることなく深い箇所の組織まで伝達させます。

ひいては直接患部の炎症が抑えられたり、痛みを和らげることの他に治癒力を促す治療法とのこと。

今までの電気治療法と比較して、身体の奥深い患部へのダイレクトな接近が可能なので、かなり高い鎮痛効果と即効性が期待できるようです。

特に筋肉の炎症、怪我による重度の腫れの初期症状の痛みにハイボルテージ療法で施術することによって、更に短い期間で痛みと炎症を和らげる治

療をできるようにしました。

こうしたことから、痛みがある患部への治療と痛みの元への治療がまとめて実施できるようになって、痛みを早い段階で取り去り、痛みを拡大させない治療が可能です。

スジの腫れにも効果がある療法でして、周囲の筋肉や組織に負担が掛かりません。ケガをしたら早めの治療をしていくことで、早期回復と痛みの

広がりを抑えることができます。

腰を痛めてしまった患者様は――

ハイボルテージ使用後、塗り薬とテーピングの処置をしました。

次の日も来院していただいて、症状の確認をしたところかなり痛みも取れてうつ伏せにはなれるようになったみたいです。

約2日目にして痛みはなくなり、張りだけが残っているような状況でした。

柔道大会の合間にも使われるだけあって、鎮痛作用はかなりのものだなと感じました。

痛みが取れるのは事実です!ぜひ一度、治療を受けてみて下さい!!