突然の下血 ー大腸憩室出血ー|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

突然の下血 ー大腸憩室出血ー

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

 

今日は大腸憩室出血という病気をご紹介いたします。

この病気は腹痛を伴わず、突然に鮮やかな赤い血、あるいは赤黒い血が排便時などに出て来てしまうというのが一番の特徴です。とくに高齢者で解熱鎮痛薬や、抗血栓剤を飲んでいる方に多く見られます。

この病気は憩室と呼ばれる大腸が傷ついたりしてできる欠損部から大腸が外側に飛び出した部分から出血することで起こります。この憩室は食物繊維の摂取量が低下していたり、便秘などで大腸の内圧が高くなることが原因ではないかと見られています。大腸憩室は多発することが多く、炎症、出血などの原因となることがあるので注意が必要です。

また、血液をサラサラにするお薬を飲んでいる方は出血量が多くなりやすいので特に注意が必要です。憩室出血は約70%が自然に止血しますが、再出血の可能性も高く、約半数が複数回に渡り出血してしまいます。

治療としては基本的に機械的な止血が施されます。大量出血によるショック状態などがある場合や、重度の貧血になってしまった場合には輸血も同時に行われます。

 

基本的には命に関わる病気ではありませんが、出血が大量になると心不全を起こし、命を脅かすこともあるので侮れません。人間ドッグなどで憩室ができていると言われたことがある方は注意が必要です。また、普段便秘気味な方は憩室ができやすいので食生活の改善が必要ですね。

 

『求人情報』
募集要項変更をしました

柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師のお知り合いがいる方是非ご紹介ください
詳しい内容は
まろん【ホームページ】より採用情報をご確認下さい

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   https://www.maronshinkyuu.com