雪で車が立ち往生したら。。。|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

雪で車が立ち往生したら。。。役立つスタック脱出法!!

  • スタッフブログ

雪国では、12月になればスタッドレスタイヤに履き替え、車にはいつもスコップを積んでいるのが当たり前。しかし、都会ではそうはいきませんよね。

首都圏ではノーマルタイヤがほとんどですから、5cmの積雪でも車はスリップして交通が混乱するのは当然です。特に坂道には要注意です。いったん停まって、発車しようとしたときにタイヤが空回り……。

タイヤが雪で滑って空回りしたらパニック状態になります。しかし、危機的場面でのリカバリーの方法を知っていれば、そんなにあわてることはありません。

 

タイヤが空回りしたら

【1】脱出しようと焦ってアクセルをふかすのは厳禁です。雪国のドライバーはたとえスタッドレスであっても動き出す時にアクセルを強く踏むことはしません。アクセルをそっと踏むフェザータッチで足先に神経を集中させて車を少しだけ進ませるような感覚で操作しています。

【2】それでもタイヤが空転するようなら車を少しバックさせてみましょう。少しでも後ろに動いたら、またゆっくり前へ。このとき、ギアチェンジを素早くすることが肝心。シフトノブをうまく使ってギアをD(ドライブ)またはL(前進)と、R(後退)を繰り返し、タイヤの接地面を踏み固めましょう。車を前後に揺さぶりつつ、行けそうな感覚があればグイっと脱出します。ただし、アクセルは踏み込み過ぎないように。
タイヤのグリップ力を増す方法

【3】雪国では、道路脇に砂袋が置かれていることがあります。砂をまいてグリップ力を高め、脱出に利用します。都会には砂は用意されていませんので、毛布、車のフロアマット、板、厚手のタオルなどを砂代わりにして駆動輪の前にかませてみましょう。かませた物が勢いよく飛び出すことがあるので人を遠ざけてください。最終手段としては、タイヤの空気圧を下げる方法もあります。

雪を掻き出す場合

【4】タイヤ周辺の雪を取り除くことも大切です。雪国では車を停めておくと、車体周辺に雪が積もり、スコップで掻き出すことがよくあります。特に足回りの雪を取り除かないと、なかなか発進できません。都会でも車が立ち往生した場合は、雪の掻き出しを行ってください。

スコップは必需品ですが、なければチリトリ、バケツ、フライパン、板などでも代用できます。何もなければ足でタイヤ周辺を踏み固め、なるべく平らにしましょう。

人に手伝ってもらう場合

自力で脱出できないときは、同乗者や通りがかりの人に車を押してもらいましょう。雪国で車がスタックしたとき、こうした助け合いはよく見られる光景です。FR車(フロントエンジン、リアドライブ)の場合は、後部座席に何人か乗ってもらい、駆動輪の荷重を高めるのも有効です。

ノーマルタイヤを想定した最低限の対処法をまとめてみました。

また、路面凍結(アイスバーン)時などの走行法にはふれていませんが、急発進、急ハンドルは厳禁です。

交通事故にあってからでは遅いです!!

道路状況や天候、時間に十分注意して慎重な運転を心がけてください。

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付