手がカサカサしていませんか?|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

手がカサカサしていませんか?

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

 

空気が乾燥するこの季節、手の甲や掌がカサカサになっていませんか?

ハンドクリームなどで対策することはもちろんのこと、他にも注意した方が良いことがいくつかありますので、今日はそれらをご紹介していきます。

 

・手への刺激を極力減らす

主婦の方は特にそうですが、水仕事をすると皮膚には刺激が加わり、ダメージを受けます。そのダメージにより手の皮膚が傷つき、カサカサしたりあかぎれや湿疹を引き起こすことにもつながります。

そうした水仕事からのダメージを減らすためにはゴム手袋をつけて水で手を濡らさないこと、お湯の温度を体温よりやや低い程度のぬるめにすることがオススメです。

洗剤も低刺激のものを使うと良いです。お風呂に入る時も同様に刺激の少ない石鹸やシャンプーを使うことを心がけましょう。

水仕事でなくても重いものをもったり洗濯物を干すなどの手に刺激がかかる作業をするときには手袋をすることがオススメです。

お外に出る際には紫外線も肌への刺激になりますので、手にも日焼け止めクリームなどを塗ると良いでしょう。

・手の水分をよく拭き取る

手を洗った後やお風呂上り、水仕事のあとはすぐに手の水分を拭き取ることが大切です。

濡れたままにしておくと水分の蒸発とともに手肌の水分も一緒に抜けていってしまいます。乾燥しているこの季節に余計に乾燥することになるので気をつけましょう。

指の間は濡れたままになってしまいがちなので一緒にしっかりと拭き取りましょう。

 

・必要な栄養素をとる。

ビタミンA〜C・鉄分・亜鉛・コーヒーや緑茶に含まれるポリフェノールなどが肌荒れなどに効果を発揮する成分ですので積極的に摂取すると良いです。

 

 

以上のことをやっていくことで手のカサカサや、あかぎれなどを防ぐことができます。

まだまだ寒い季節が続きますので、体の健康だけでなく手肌の健康も気にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付