今日は節分の日です!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

今日は節分の日です!

  • スタッフブログ

こんにちは!

まろん鍼灸接骨院です。

 

今日は、「節分の日」ですね!

恵方を向いて恵方巻を食べたり、豆まきをしたり

歳の数だけ豆を食べたりと古くから日本にある伝統文化です。

 

節分とは?

節分とは本来「季節の変わり目」という意味があり

季節が変わる前日のことを言いいます。

季節の変わり目は、『立春』『立夏』『立秋』『立冬』を指しますが、

現代では“豆まき”や“恵方巻き”を食べる『立春』の前日のみを指します。

これは昔、冬から春になるのを1年の始まりという考えで、

今で言う『大晦日』のような特別な日と捉えていました。

 

節分に恵方巻を食べるわけ

恵方巻きはもともと、大阪の花街で商人が芸遊びをしながら

商売繁盛を願って食べたのが始まりだと伝えていられます。

そのころろは「恵方巻き」ではなくて「太巻き寿司」「丸かぶり寿司」

と呼ばれていました。

商売繁盛を願って食べたのが始まりの恵方巻きですが、

恵方を向いて一本まるごと食べることで無病息災や商売繁盛の運を

「一気にいただく」ということを意味しており、途中で止めると「運を逃す」

とも考えられています。

2018年の恵方は『南南東』になります!!

 

節分に豆まきをするわけ

豆は「穀物の精霊が宿っている」として神聖なものと見られていたので、

豆まきだけでなく、神事にもよく使われていました。

また、魔を滅するという『魔滅(まめ)』という漢字が当てられ、

豆をまくことで鬼を追い払う(魔を滅する)という風に言われています。

さらに、「鬼が出たとき、毘沙門天のお告げで豆をまいて鬼を退治した」

という逸話もあります。

「豆まき」は中国からきた風習らしいですよ!

 

今日は節分のことについて調べてみました!

豆まきをするときは、しっかりマナーを守って周りの人に

迷惑をかけないようにしましょうね!

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」

「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付