交通違反 罰則 携帯|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

交通違反 罰則 携帯

  • スタッフブログ

まろん鍼灸接骨院です

交通事故発生形態別発生件数の1位が追突事故になっています

追突事故の原因は主に携帯電話の使用による前方不注意です 携帯電話の利便性が上がり携帯ゲームがかなり普及し近年では、道路交通法改正の声が上がっています!

運転中の携帯電話使用の罰則・交通違反点数

違反内容
携帯電話使用(保持)
1点
6,000円

携帯電話使用(交通の危険)
2点
9,000円

※反則金は普通車の金額
運転中の携帯電話使用は、「手に持ち通話のために使用する」または「画面を注視する」と違反になります。
通話はもちろんですが、通話するために耳に携帯を当てているだけでもだめです

上記にもあるように【注視】というのが難しいところですね。画面を2秒以上見ていると違反になるという話もありますが、秒数で決まるわけではありません。

次に【交通の危険】というのは、携帯使用中に事故を起こしたような場合に適用されます。

ハンズフリーならOK?
ハンズフリー装置(イヤホンマイク)で話す場合は違反にならないというのが浸透していますが、道交法の罰則の対象外になるだけで、都道府県の道路交通規則でイヤホンマイクによる通話が禁止されている地域もありますので注意しましょう。
イヤホンマイクを禁止してる地域は、「茨城、群馬、東京、山梨、長野、滋賀、鳥取、島根、徳島、香川、愛媛、高知、熊本」です。使用自体は認めているが、外部の音が遮断されていると判断された場合に違反になるのが、「千葉、富山、山口、福岡」です。

禁止条例がある地域では、安全運転義務違反になり、罰則は違反点数2点、反則金9,000円になるようです。

赤信号で停止中ならOK?

原則はエンジンが付いている状態での携帯電話の使用は運転中となるようです

手に持っただけならOK?
前方に赤信号が見えて、スマホを手に持ち、停止してからスマホを見たところ、警察官が来て切符を切られそうになったという話がネット上にありました。
運転手が弁護士だったため知識があり、注視していないことを伝えると、今回は注意のみということで切符を来られずに済んだということです。  判断が難しいですが、運転中は携帯などは使用しないことをお勧めします!

交通安全の運転を心がけましょう

交通事故治療 まろん鍼灸接骨院