日本人の死因第3位! 肺炎で気をつけることとは?|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 交通事故治療22時まで受付
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

【受付時間】9:00~13:00 / 15:00~21:00
はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

交通事故もこちらからどうぞ!TEL:042-578-9146

スタッフブログ

日本人の死因第3位! 肺炎で気をつけることとは?

  • スタッフブログ

今日は肺炎についてのお話です。

 

肺炎は最近やウイルスなどが肺に感染し、肺が炎症を起こす病気の総称です。

肺炎は死に繋がる怖い病気で2011年にはがん、心臓病に次ぐ死因の第3位になっています。

肺炎で亡くなる方の殆どが高齢の方で、特に入院中だったり介護を受けている人に多く発症します。

特に75歳以上の後期高齢者は危険性が一気に高まりますので注意が必要ですね。

 

肺炎の症状は「発熱」「強い咳」「息苦しさ」「胸の痛み」などが挙げられます。

この症状は風邪の症状とよく似ている為、気づかずに放置されてしまうケースが多く、その間に重症になってしまいなくなってしまうこともあるのです。

風邪との違いには38℃以上の発熱や強い咳が3日以上続き、症状が軽減しません。

また、黄色や緑の膿のような痰も出てきます。 これらの症状に加えて息苦しさや胸の痛みが出てきたらかなり怪しい状態と言えます。

ただし高齢者の場合には体力や免疫力が低下していることから、「ハアハアと呼吸が浅くて早い」「体が以上にだるい」などと行った軽い症状でも肺炎の可能性がある為、注意が必要になります。

 

以上のことから「風邪かな?」と思っていたら実は肺炎だった・・なんてことが起こらないように、体調を崩しているな、と感じたらすぐに病院を受診することをお勧めします。

現在では肺炎の原因の中で最も多く、重症化しやすい肺炎球菌のワクチンも摂取することができますので、そちらもしっかりと受けることをお勧めします。

今は市や国からの援助もあったりするので高齢の方は安く受けられますよ。

 

皆さんお体に気をつけて元気に毎日を過ごしてくださいね。

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付