ドライアイ!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

ドライアイ!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です!

今日はドライアイについてのお話です。 ドライアイに悩んでいる、という方も少なくないのではないでしょうか?

 

ドライアイは人間が元来持つ目の表面を潤す働きが低下して、目が乾燥した状態のことを言います。 冷暖房の普及や、パソコン・スマートフォンの普及により年々増加傾向にあると言われていて、日本では推定2000万人の方がドライアイであると言われています。

ドライアイには目が乾く、ゴロゴロする、目が疲れる、目が痛い、かすむというような様々な症状が現れます。

目の表面は傷つきやすいため、普段涙の薄い層が目の表面を覆って保護しています。 瞬きにより目の表面に行き渡り、目の保護、栄養をしています。涙は目の表面側から瞬きによる摩擦を和らげる層、水分、それをなじませる為の層の三層に分かれています。

 

ドライアイの原因は主に二つあります。 一つ目が涙の量が減ること。二つ目は涙の層が壊れること。それぞれ詳しく説明していきますね。

涙の量が減ることの原因の多くは加齢です。 涙の水分を分泌する涙腺の働きが年齢とともに衰えていくのです。 特に涙腺はホルモンの働きにも影響されるので更年期の女性は注意が必要です。

涙の層が壊れるのはパソコン・エアコン・コンタクトレンズが三大要因と言われています。 パソコンは画面を見ていると瞬きが減り、涙が蒸発させやすくなります。 エアコンは空気を乾燥されますし、風が当たることでも乾燥します。コンタクトレンズは涙の水分が目の表面に均一に広がることを妨げる上、レンズとの摩擦で目が傷つきやすくなります。

上記の原因の対策としてそれぞれ積極的に瞬きを行う、画面は見下ろすような位置に置く、空調の風を直接目に当てない、加湿器をつける、コンタクトを清潔に保つ、などが大切です。

ほかにもストレスを溜めないことや、適度な運動を心がけることで、涙の成分が整いドライアイを防ぐことができますよ。

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   https://www.maronshinkyuu.com