足のしびれに要注意!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

足のしびれに要注意!

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は腰痛からくる「足のしびれ」についてのお話です!

 

・注意が必要な場合

「腰痛」があり、さらに「歩くと脚に痛みやしびれ、脱力感がある」

「腰や脚に感覚の麻痺がある」

「爪先立ちやかかと立ちができない」

「尿が出にくく、残尿感や尿失禁がある」

などの症状がある場は、注意が必要です。

 

 

「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」などの病気が起きていて、脊柱(背骨)の中の「脊柱管」という細長い空間を通る神経が圧迫されている可能性があります

 

これらの病気を放っておくと、歩行障害などが起こり、生活の質が低下する恐れがあるので、早めに医療機関を受診することが勧められます。

 

 

・椎間板ヘルニア

「椎間板」は骨(椎骨)と骨の間にあり、クッションの役割をしている組織です。椎間板の外周は硬い「線維輪」、内部はゼリー状の「髄核」から成っています。

重労働やスポーツなどによって腰に大きな負荷がかかったり、加齢による変化で線維輪に亀裂が入ったりして、髄核が後方に飛び出して神経を圧迫すると、痛みやしびれ、麻痺などが起こります。これが、椎間板ヘルニアです。

 

・脊柱管狭窄症

脊柱管が狭くなり、その中を通っている神経が圧迫されると、痛みやしびれが起こります。これが、脊柱管狭窄症です。

脊柱管が狭くなる主な原因として、加齢が挙げられます。加齢により、脊柱の後ろ側にある「椎間関節」が変形したり、上下の椎骨をつなぐ「黄色靭帯」が厚みを増したりすると、脊柱管狭窄症の原因となります。

脊柱管狭窄症の場合、痛みやしびれ以外の特徴的な症状として、「間欠跛行」があげられます。「歩いてるうちに、腰から脚にかけて痛みやしびれが起こる」「立ち止まって、前かがみになったりしゃがんだりすると症状が治まる」「再び歩き始め、しばらく歩くとまた痛みやしびれが起こる」ことを繰り返すもので、少しずつしか歩けなくなります。

ただし、間欠跛行があるからといって、全てのケースが脊柱管狭窄症に当てはまるわけではありません。間欠跛行は、「閉塞性動脈硬化症」という病気でも見られます。その場合、前かがみになるなどの姿勢に関係なく、立ち止まって休めば痛みが軽減するので、脊柱管狭窄症と見分けられます。

 

 

 

保存的治療で、ほぼ9割の患者さんに改善が見られる!

・診断

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が疑われた場合、神経症状を調べる検査が行われます。

仰向けに寝て、脚の上がる高さを見る「神経根刺激テスト(SLRテスト)」のほか、アキレス腱をゴム製のハンマーでたたいて反射の程度を調べたり、足の指に力が入るかどうかによって脚の筋力の程度を調べたりします。

さらに、「エックス線検査」や「MRI(磁気共鳴画像)検査)などの画像診断も行います。

 

・治療

診断が確定すると、まず、痛みを軽減し、生活に支障をきたさない程度に体を動かせることを目標にして、「保存的治療(保存療法)」が、原則として3ヶ月間行われます。

保存的治療には、「薬物療法」「装具療法」「温熱療法」「運動療法」などがあり、これらによって、約90%の患者さんが改善するといわれています。

 

 

・手術

保存的療法を十分に行っても、「麻痺やしびれなどの神経症状が進行している」「歩行障害が著しい」「痛みやしびれで、仕事や日常生活に支障をきたす」などの場合には、手術が検討されます。

多くの場合、手術を行うと症状は改善はしますが、なかには、「思ったより症状が改善しない」「手術後もしびれ感が残る」というケースもあります。また、固定用の器具が神経に当たって、神経が傷ついたりするケースも皆無ではありません。

担当医とよく相談して、手術によるメリット、デメリットなどを確認してから、手術を受けるかどうかを検討することが大切です。

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」 「交通事故に強い整骨院」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

「美容鍼灸始めました」

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   https://www.maronshinkyuu.com