前立線肥大症ってどんな病気?|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

前立線肥大症ってどんな病気?

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は前立腺肥大症についてです。

 

 

「前立線」は、膀胱のすぐ下で尿道を取り囲むように存在する、男性特有の生殖器官の1つです。

前立線は、精液の一部となって精子の運動を助けたり、保護したりする「前立腺液」を分泌しています。膀胱の出口部分にある「内尿道括約筋」と、前立線の下にある「外尿道括約筋」、そして前立線が協調して、膀胱に尿をためたり、尿道を開いて尿を排出するなどの、排尿のコントロールを行なっているのです。

前立線は、「内腺」と「外腺」の2つの領域に分けられます。前立腺肥大症は、このうち内腺が肥大することによって、尿トラブルが現れる病気です。原因は主に加齢で、中高年男性の過半数に前立腺の肥大がみられるといわれています。

 

前立腺が徐々に肥大し、やがて前立腺の中心を通る尿道や膀胱の出口を圧迫するようになると、さまざまな尿トラブルが現れるようになります。よく見られるのは、「残尿感がある」「尿の勢いが弱い」「息まないと尿が出にくい」などの「排尿障害」や、「頻尿、夜間頻尿」「突然尿意が起こり、トイレに間に合わない感じがする(尿意切迫感)」などの「蓄尿障害」です。

前立腺肥大症が進行し、尿が出にくい状態をほうっておくと、やがて腎臓の機能が著しく低下する「腎不全」などを引き起こす可能性もあります。

 

前立腺肥大症は、良性の病気ですから、必ずしも受診して治療を受ける必要があるとはいえません。

受診の目安は、現れている症状のために“行動が制限されて困る”といった、日常生活での支障があるかどうかです。症状があっても特に気にならないという場合は、様子を見るだけでよいでしょう。

日常生活に支障があり、症状の改善を希望する場合は、必ず泌尿器科を受診してください。

 

前立腺肥大症は、40〜50歳代から起こりやすくなりますが、「前立腺がん」も同じ年代で発症しやすくなります。

前立腺がんの多くは、無症状のまま進行していきます。前立腺肥大症の検査では、前立腺がんとの鑑別も行われるため、受診は前立腺がんの発見という点でも重要です。

 

 

治療では、基本的にまず薬物療法が行われ、次のような薬が用いられます。

・α1遮断薬

前立腺や尿道括約筋の緊張を抑える作用があるため、膀胱の出口や尿道が広がり、尿が通りやすくなります。最初に選択されることの多い薬です。

 

・5α還元酵素阻害薬

前立腺の肥大に関与している、「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの産生を抑える作用があります。基本的に、α1遮断薬では効果がない人に用いられます。ただし、この薬を6ヶ月間ほど用いると、PSA値が服用前の半分ほどに下がり、前立腺がんの発見が遅れることがあります。そのため、前立腺がんの見落としに注意しながら用いられます。

 

・抗コリン薬

肥大した前立腺が膀胱を圧迫すると、尿意切迫感や頻尿、夜間頻尿などの症状が現れる「過活動膀胱」が起こることがあります。抗コリン薬には、膀胱の筋肉の緊張を抑えて、過活動膀胱の症状を改善する効果があります。

 

 

アルコールやカフェインには利尿作用があり、頻尿の原因にもなるため、お酒やコーヒーなどの過剰摂取に注意しましょう。また、適度な運動も大切です。長時間座り続けたりして前立腺にうっ血が起きると、一時的に排尿障害が悪化することがありますが、よく体を動かすことでうっ血を防止できます。さらに、運動をすると夜間ぐっすりと眠れることなどから、夜間頻尿の改善にもつながります。

 

 

薬物療法の効果が見られなかったり、症状が重いなどの場合には、次のような手術が検討されます。

・TURP

「切除鏡」と呼ばれる内視鏡を尿道から前立腺まで挿入し、先端に搭載されたループ状の電気メスで、肥大した内腺を削り取ります。現在、最も広く行われている、標準的な手術法です。

 

 

・HoLEP

内視鏡と「レーザーファイバー」を尿道から挿入し、内腺と外腺の境目にレーザーを照射して、内腺をくり抜きます。くり抜いた内腺は、膀胱内で細切器を用いて小片に砕きながら尿道から吸い出します。

 

 

・HoLAP、PVP

内視鏡とレーザーファイバーを尿道から挿入し、内腺に高出力のレーザーを照射して、肥大した組織を溶かすような形で蒸散させます。HoLAPとPVPでは、使用するレーザーの種類が異なります。

 

手術時間は、いずれも1〜2時間程度で、入院期間は3〜5日ほどです。

レーザーを用いる手術法は、TURPよりも体への負担が少なく、高齢者や心臓病がある患者さんなども受けることができます。多くの場合、入院期間も短く済みます。ただし、日本全国すべての医療機関で行われているわけではないので、希望する場合は担当医に相談しましょう。

どの手術法にも、合併症が起こる可能性があります。射精時に聖駅が膀胱に逆流する「逆行性射精」は、手術後多くの場合に起こりますが、逆流した精液は尿と共に流れ出るので、特に心配はありません。また、手術の際に尿道括約筋が傷ついて「尿失禁」や「血尿」などが手術後にしばらく続くこともあります。担当医から詳しい説明を受け、納得してから手術を受けましょう。

 

 

手術して内腺を取り除いたからといって、前立腺がんを起こす可能性がなくなったわけではありません。がんは、外腺などさまざまな部位に発生します。前立腺がんへの注意を怠らないことが大切です。

PSA検査の結果、基準値に近かった人は1年に1回、そうではなかった人は3年に1回はPSA検査を受けてください。また、これまでPSA検査を受けたことがなく、50歳以上の場合は、定期的に受けることが勧められます。

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   https://www.maronshinkyuu.com