下肢静脈瘤|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

下肢静脈瘤

  • スタッフブログ

こんにちは。まろん鍼灸接骨院です。

今回は、下肢静脈瘤についてです。

 

 

 

 

下肢静脈瘤:脚の血管が蛇行したり、こぶのように膨らんだりする

下肢静脈瘤とは、脚の静脈に血液がたまり(うっ血)、血管が蛇行したり、こぶのように膨らんだりする病気で、主に次のような種類があります。

 

・膝から下に血管が浮き上がり、こぶのようなものができる

下肢静脈瘤の典型的なタイプです。

 

・脚の表面に赤色や青色の細い血管が不規則に散在する

症状は軽く、うっ血はそれほど強くありません。

 

 

また、下肢静脈瘤が進行すると、色素沈着や潰瘍が見られることもあります。

下肢静脈瘤は多くの人に見られますが、良性の病気なので、脚の切断に至ったり、命に関わったりすることはありません。

しかし、うっ血により、「脚がだるい、重い、痛い」「朝より夕方に強く脚がむくむ」「夜間のこむら返り」などの不快な症状が続いて、生活の質が低下してしまうことがあります。

症状の強さは、必ずしも外見の症状の強さに比例しません。こぶがたくさんできていても無症状の場合もあれば、まったく目立たないのに症状が強く現れる場合もあります。

 

 

血管には、酸素や栄養を心臓から全身に運ぶ動脈と、酸素や栄養が使われた後の血液を心臓に戻す静脈があります。脚の静脈では、筋肉の収縮がポンプの働きをして、脚の下から上へ血液が押し上げられており、重力によって血液が逆流しないように弁(静脈弁)が備わっています。

何らかの原因でこの弁が壊れ、きちんと働かないと、立っているときに血液が下方に逆流してしまいます。その結果、脚の静脈が拡張し、曲がりくねったり、こぶのように浮き上がったりするのです。

 

下肢静脈瘤が起こりやすいのは、次のような人たちです。

・女性

女性に多いのが特長で、男女の比率はほぼ1対3です。

 

・妊娠・出産の経験者

女性は妊娠・出産を契機に発症することが多くあります。これは、妊娠により腹圧が上昇し、骨盤周辺で静脈が圧迫されることや、女性ホルモンの影響があるのではないかなどと推測されています。

 

・長時間たち仕事をしている人

立ちっぱなしの状態が続くと、静脈に負担がかかり、血液が心臓に戻りにくいため、発症しやすくなります。

 

・高齢者

それまで立っていた時間の蓄積で、発症しやすいといえます。

 

・家族歴のある人

家族に下肢静脈瘤が起きた人にも多く見られます。

 

 

下肢静脈瘤が疑われる場合には、専門の血管外科を受診することが勧められます。外科、皮膚科、形成外科などでも治療を行なっていることがあります。

下肢静脈瘤は良性の病気なので、血管が浮き出ていても必ずしも治療が必要とは限りません。治療は、不快な症状があってつらい場合に行うのが原則です。また、どうしても外見が気になるという人も、場合によっては治療を検討します。

 

 

治療の基本は、圧迫療法です。医療用の弾性ストッキングや弾性包帯などを使って、脚に適度な圧力を加えます。

弾性ストッキングは、医師により処方されるもので、段階的に圧力を変える特殊な編み方で作られています。外側から圧力を加えることによって、血液が心臓に戻りやすくなり、うっ血を改善するため、不快な症状が抑えられ、快適に過ごせるようになります。ただし、弾性ストッキングを履き続けても、症状は抑えられるものの、下肢静脈瘤が治るわけではありません。症状がない人が、弾性ストッキングの圧迫感やつらさを我慢して履く必要はありません。また、横になっているときは、うっ血は起きないので、寝るときは弾性ストッキングを脱ぎます。

 

弾性ストッキングを履いて症状が軽減する場合は、手術でも良い結果が出やすいので、弾性ストッキングの着用は、手術を検討するうえでの判断材料にもなります。弾性ストッキングを履いても症状が改善されない場合には、脊椎症や坐骨神経痛など別の病気が背後に隠れていることが疑われる場合もあります。

弾性ストッキングを適切に使用するために、日本静脈学会では、「弾性ストッキング・コンダクター」という資格を設け、医療従事者への指導を行っています。

 

 

下肢静脈瘤を根本的に治す治療には、手術があります。特に「うっ血による症状が強い」「色素沈着など皮膚に変化が起きている」「潰瘍ができている」などの場合には、手術が検討されます。手術には、次のような方法があります。

・抜去術

静脈を引き抜く方法で、長年行われています。

 

・焼灼術

拡張した静脈内にカテーテルを挿入し、レーザーや高周波などを使って、静脈を焼き、閉塞させる方法です。

 

・硬化療法

手術のあとに小さな静脈瘤が残ったりした場合には、補助手術として、静脈瘤を固める薬を注射する場合があります。

 

 

異常を起こした静脈を除去しても、ほかに正常に機能している静脈が多数あるので特に問題はありません。手術前には必ずほかの静脈(特に深部)がきちんと機能しているのかどうかを超音波検査などで確認します。

 

 

 

 

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   https://www.maronshinkyuu.com