薬酒の力で胃腸にパワーを★|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

薬酒の力で胃腸にパワーを★

  • スタッフブログ

こんにちは。

まろん鍼灸接骨院です。

 

7月始まりました!

この時期は胃腸の調子が乱れやすい時期でもありますね。

胃腸のケアを心がけ、胃腸を丈夫にして健康な生活を送りましょう。

そこで、今日は胃腸にパワーを与えるお話です。

 

◉近年増えている胃腸の不調

食欲不振、消化不良、胃もたれ、便通不調などの症状がみられる胃腸の不調。

このような不調は、もともと体質的に胃腸が弱い、お腹の調子が不安定な人だけに起こるとは限りません。最近では、ストレスなどによる胃腸の不調も多く見られます。胃腸の働きは自律神経に大きく関わっていてストレスに敏感です。

胃腸の症状を放置すると、頭痛・肩こり・肌荒れ・冷え・浮腫・風邪を引きやすいなどさまざまな不調を引き起こします。

 

◉自然治癒力を高める漢方に注目!

胃腸虚弱は、胃腸薬などを服用すれば一時的には治りますが、根本的には胃腸を丈夫にし、下痢や便秘などを引き起こさない体質や胃腸にすることが大切です。そこで注目したいのが漢方です。

漢方の世界では、心と体は一体であるという「心身一如」の考え方が基本。

体の悪くなった部分だけを治すのではなく、体質や体全体の状態を総合的に整えるようなケアを行います。

漢方では、人の体を5つの機能に分け、お互いが影響を与えあっていると考えています。

例えば、自律神経に関わっている「肝」が乱れると胃腸に関わる「脾」の不調を招き、老化と関係が深い「腎」も乱れるという具合です。

胃腸は、最大の免疫器官と知られるように、漢方でも「脾」は「後天の気(エネルギー)」を作り出すとされています。

このため、胃腸の調子が悪くなると免疫力が低下して、かぜをひきやすくなります。

日常の養生を取り入れた胃腸ケアが大切になります。

 

◉薬酒習慣で胃腸をケア!

胃腸虚弱は、ストレスが影響しやすいため、健康的な食生活、質の良い睡眠、ストレス解消などの養生を心がけると改善につながります。

また、続けやすい養生として薬酒もおすすめです。

胃腸を健康に保つ成分を含む生薬の成分が溶け込んだ薬酒は飲むだけで手軽な養生になります。食前酒として飲めば食欲増進に、就寝前なら、リラックス、安眠効果が期待できます。自分に合った飲み方で胃腸をケアし、健康づくりに役立てましょう!

 

最近はさまざまな種類の薬酒があります。

飲みやすくなっているものも多いので、試してみるといいかもしれません。

いつもアルコールを飲む人は、少し減らして、その分薬酒に変えてみるのもアリですよ〜

胃腸が元気じゃないと、お肌のトラブルも出て来やすいものです。

美容のためにも、健康のためにも、胃腸を元気にする習慣を身につけましょう!

 

美容のことなら、まろん鍼灸接骨院の「美容鍼」にお任せください★

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、日曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146

HP   https://www.maronshinkyuu.com