慢性腎臓病を治す!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

慢性腎臓病を治す!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、慢性腎臓病を治す!です。

慢性腎臓病の治療では、食生活の改善、運動、禁煙など、生活習慣を見直すことが重要です。

 

 

 

 

 

治療:原因となる病気を探り、ステージに合った治療を受ける!

慢性腎臓病は、たんぱく尿検査が+以上、eGFR(推算糸球体濾過量)が60未満のどちらか一方、あるいは両方があり、それが3ヶ月以上続いている場合に、診断されます。検診などで異常が見つかった場合には3ヶ月以上空けて、もう一度検査をすることになっています。

 

 

 

◇ステージG1、G2では完治も望める!

慢性腎臓病は、たんぱく尿検査の結果とeGFRの値から重症度が判定されます。慢性腎臓病と診断されたら、まず重要なことは、慢性腎臓病の原因を知ることです。早期であれば、原因を治すことで完治が可能です。

 

ついで、進行を食い止める治療が行われます。特にeGFRの値は、一度低下すると、改善させるのはなかなか困難です。それ以上悪化させないことを目標に、治療を進めていくことになります。

 

ただ、たんぱく尿は原因にもよりますが、よくなることもあります。生活習慣が原因で発症した場合には、悪い生活習慣を改善することで、よくなることが多いのです。また、糸球体腎炎なども早く専門医で対処すると、治癒することもあります。したがって、ステージG1、G2の慢性腎臓病であれば、完治する可能性が十分にあります。ステージG3、G4やステージG5では、悪化を防ぐことを目標に治療が行われます。

 

 

 

治療で目指すこと:悪い生活習慣や肥満があれば、改善して腎臓の負担を減らす!

最近増えているのは、生活習慣病による慢性腎臓病です。悪い生活習慣や肥満により、高血圧、糖尿病、脂質異常症などが引き起こされるのと、動脈硬化が進行し、慢性腎臓病を発症させたり、悪化させたりする原因となります。また、慢性腎臓病があると、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を悪化させることにもなります。慢性腎臓病は、脳卒中や心筋梗塞などのリスクを高めますが、高血圧や糖尿病などの生活習慣病があると、さらにそのリスクは高まります。

 

慢性腎臓病の治療では、原因を探ることが最も重要ですから、生活習慣病による慢性腎臓病がある場合には、悪い生活習慣や肥満を改善することが大切です。

 

 

治療①軽度の場合

→生活習慣病の治療のほか、食生活の改善と運動も治療の柱になる

 

生活習慣病が原因で発症した軽度の慢性腎臓病に対しては、生活習慣病を治療することや、食事や運動を改善することが治療の中心になります。

 

 

◉生活習慣病の治療

高血圧、糖尿病、脂質異常症など、慢性腎臓病の原因となっている生活習慣病の治療に取り組みます。血圧、血糖値、LDLコレステロール値を、正常レベルにコントロールしておくことが大切です。肥満がある場合には、その改善にも取り組みます。

 

◉食生活

食塩制限が必要で、1日の摂取量が3g以上6g未満になるようにします。こうすることで、高血圧を改善させることができます。腎機能の低下が進むのを防ぐためにも重要です。摂取エネルギーに関しては、肥満が改善するよう適正量にします。

 

◉運動

適度な運動を行うことは、肥満の改善につながり、血圧のコントロールにも役立ちます。医師と相談して適切に行いましょう。

 

喫煙している人なら、禁煙することも大切です。たばこを吸うことで、たんぱく尿が増え、腎臓の働きも低下することが明らかになっているからです。また、喫煙は動脈硬化を進行させるので、その点からも禁煙が勧められます。

 

 

 

治療法②中等度〜高度の場合

→さらなる食事制限や症状に対する治療を加える

中等度や高度の慢性腎臓病に対しては、さらに進んだ治療が必要になります。

 

◉たんぱく質とカリウムを制限する

食塩制限と適正エネルギー量にすることに加え、たんぱく質の制限も必要になります。栄養として摂取したたんぱく質は、分解され、老廃物となり、腎臓から尿として排泄されます。そのため、たんぱく質の摂取量が多いと、腎臓に負担をかけてしまうので、制限が必要になります。カリウムも腎臓から排出されるため、腎臓の働きが低下すると、高カリウム血症が起きることがあります。この場合には、カリウムの制限も必要になります。

 

◉症状に対する薬物療法を加える

腎機能の低下が進行すると、腎不全の特徴的な症状である貧血やむくみが現れてくることがあります。これらの症状に対しては、薬物療法が行われます。

 

腎不全の症状に対する薬物療法が行われてもなかなかよくならず、息切れや疲れ、食欲不振などの尿毒症の症状が現れることがあります。尿毒症は体内の老廃物を十分に排出できなくなった状態で、透析療法などの治療が必要となります。

 

 

まとめ

悪い生活習慣や肥満を改善していくことで、ステージごとに完治や、進行を遅らせることを目指しましょう!

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146