いざ受診!初めの一歩!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

いざ受診!初めの一歩!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、医療機関の受診の仕方についてです!

年をとるに従って、これまであまり病気に縁がなかった人でも、体の不調が起こりやすくなり、医療機関を受診する機会も増えてくるものです。

「いざ受診」というとき、どうすればよいのか、日頃から何を準備しておけばよいのか、受診に際しての基礎知識をお伝えします。

 

 

 

 

◇かかりつけ医とは?

医療機関には、規模の小さな診療所やクリニック、それより少し大きな中小規模の病院、地域の中核病院や大学病院といった大規模な病院など、さまざまなものがあります。

私たちが体の不調を感じた時、まず初めにどの医療機関を受診すれば良いのでしょうか。一般に推奨されるのは、まずかかりつけ医を受診して相談することです。

かかりつけ医とは、「何でも相談できる、幅広く診療を行う、必要な時には専門の医師を紹介する」医師を指します。本人だけでなく、家族の診察もしていて面識があり、患者さんの病歴や日頃の健康状態、家庭環境や性格などまで把握していることが望ましいといえます。

一般には内科系で、すぐに受診できる近所の診療科の医師をかかりつけ医にすることが多いと思います。しかし、診療所が少ない地域などでは、中小規模の病院の医師がかかりつけ医の役割を果たす場合もあります。

 

 

◇「病診連携」で役割を分担

かかりつけ医は、受診した患者さんの治療を行いますが、患者さんの病状によっては、専門医のいる病院を紹介することもあります。

専門医は、必要に応じて専門的な検査などを行って診断し、例えば手術などの治療を行います。患者さんの病状が落ち着いたら、その結果をかかりつけ医に送り、かかりつけ医が引き継いで治療を続けることはよく行われています。緊急性がない場合などは、診断後の治療を専門医ではなくかかりつけ医が行うこともあれば、定期的に専門医の診察を受けながら、ふだんの治療はかかりつけ医が行うこともあります。

このように、病院の医師と、診療所の医師が連携して、患者さんの診療に当たることを病診連携といいます。

患者さんは、普段は自分や家族をよく知っているかかりつけ医に診てもらい、必要な時には専門医のいる病院を紹介してもらえるので、最初から自分で大きな病院に行くより、時間や費用など、さまざまな面で負担が少なくなります。

 

 

◇かかりつけ医はどう選ぶ?

近所にかかりつけ医を見つけたくても、どこに行けばよいかわからない場合もあります。住んでいる地域でかかりつけ医を探すには、次のような方法があります。

 

・市区町村の健康の担当課や地元の保健所、医師会などに問い合わせる。

・地域によっては、自治体が運営するインターネットを使って医療情報を検索するシステムがあるので、それを利用する。

・大きな病院にある「地域医療連携室」に相談して、アドバイスをもらう。

・近所の人や職場の同僚などに尋ね、情報を得る。

 

実際に通院してみて、自分が信頼できる医師を探し、かかりつけ医にします。医師との相性もあるので、もし合わないと思った時は別の医師を探すとよいでしょう。

かかりつけ医は、幅広く診療するという意味から内科医が担当することが多いのですが、小さな子供がいる家庭では、小児科と内科を掲げている診療所の医師をかかりつけ医にしてもよいでしょう。

ライフスタイルや年代によって、かかりつけ医の選び方は一律ではありません。例えば、会社員で持病がある場合には、勤務先の近所にかかりつけ医を見つけた方が通院しやすいことも考えられますし、更年期の女性なら、婦人科の医師がかかりつけ医の役割を持つのが良いかもしれません。

高齢になってくると、往診や在宅医療に力を入れているかかりつけ医を選ぶことが勧められます。介護が必要になるなど将来のことを考え、あらかじめ、住んでいる地域で、こうしたかかりつけ医を探しておくと安心です。在宅医療に力を入れている医師であれば、介護サービスや福祉サービスなどについての相談にも乗ってもらえます。

 

 

◇かかりつけ医をもつメリット

私たちが体の不調を感じた時、どの科を受診すればよいか、迷うことがあります。例えば、「皮膚に発疹が出た」「腰が痛い」「耳が痛い」というときはどうでしょうか。

これらの症状は、問題のある体の部位がはっきりしているので、一般に、多くの人が「皮膚に発疹が出た→皮膚科」「腰が痛い→整形外科」「耳が痛い→耳鼻咽喉科」を選ぶでしょう。その選び方は間違ってはいません。

しかし、なんでも相談できるかかりつけ医がいれば、まずかかりつけ医に相談することが勧められます。というのは、薬の副作用で発疹が出たり、臓器の病気が原因で腰が痛いこともあれば、全身に関わる感染症で耳が痛いなど、思わぬことから症状が起こっている場合もあるからです。

患者さんの普段の健康状態を知っているかかりつけ医なら、持病や使用している薬についても把握しており、こういうときに的確な判断が下しやすいといえます。その結果、かかりつけ医が例えば“この患者さんは整形外科の受診が適切である”と判断した場合、患者さんの利便性を考えて、近くの整形外科を紹介することもできます。

このような診診連携をしてもらえることも、かかりつけ医をもつメリットの一つと考えられます。

また、「発熱」「頭痛」「腹痛・下痢」などの一般によくある症状であっても、どの科を受診すれば良いか迷います。このような時も、まずかかりつけ医を受診することが勧められます。

 

 

・大きな病院でどこを受診したら良いかわからないときは?

◇細分化されている診療科

現代は医療の細分化が進み、大きな病院ではさまざまな診療科に分かれて診療を行っています。

例えば「内科」だけでも、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、心療内科…というように、さまざまな科に分かれています。

医学の進歩に伴って、専門領域に分かれて診療した方が、より深く効率よく治療できるということで、このような細分化が進んできたのです。

例えば心筋梗塞を起こした時、患者さんの命を左右する大きな要因の一つは、専門のCCU(心臓血管疾患集中治療部)の存在です。このように、専門化がもたらすメリットは大きいと言えます。

 

 

◇どの診療科を選んだら良いの?

一方で、診療科が細分化していると自分の症状はどの診療科で診てもらえばよいか、判断に迷ってしまうことがあります。

紹介状なしで大きな病院を受診するときは、前もって電話で問い合わせたり、インターネットで調べておくとよいでしょう。科によっては、予約が必要だったり、診療の曜日が決まっていたりすることもあります。

病院に行ったら、総合受付や案内カウンターなどで、スタッフに自分の症状を告げ、受診する診療科を相談するとよいでしょう。適切と思われる診療科や手続きについて教えてもらえます。

原因のわからない症状が起きた時には、自分で勝手に病気や診療科を判断するより、このように相談した方が適切な診療科の受診につながります。

また、紹介状(診療情報提供書)なしで、大きな病院を直接受診すると、通常の医療費の他に「選定療養費」という特別料金を徴収されます。大きな病院は、原則として高度・専門医療を行う医療機関と位置付けられ、日常的な治療を行うかかりつけ医と、機能を分担しているからです。

日常的な治療は、かかりつけ医で受け、必要な時に専門的な治療を行う病院を紹介してもらうのが、上手な医療との関わり方です。

 

 

 

・「総合診療科」にかかるのはどんなとき?

◇総合診療科とは

大きな病院では、総合診療科を置いている所もあります。どの診療科を受診してよいかわからない時などに、総合診療科を受診するとよいでしょう。

総合診療科(医療機関によっては、総合内科、総合心療内科などと呼ばれている場合もある)の受診は、主に次のような時に勧められます。

 

・「発熱」「頭痛」「腹痛・下痢」「めまい」など一般的な症状で、原因と考えられる病気がたくさんあり、どの診療科を受診したら良いかわからない

・いくつもの医療機関を受診しても、なかなか判断がつかない

・めまいと動悸、頭痛と下痢というように、原因不明の複数の病気が絡み合っているように見える

・症状があるのに、検査で異常が見つからない など…

 

総合診療科では、主に内科系の病気の可能性を広く疑って、診察や検査を行い、病気を絞り込んで行きます。多い時には、1人の患者さんについて、20〜30の病気の可能性を考えることもあります。総合診療科では、患者さんから多岐にわたる情報を得るため、通常の問診よりもじっくり時間をかけて患者さんの話を聞きます。そのため、東京医科大学病院の総合診療科の場合、この問診を「面接」と呼んで、重視しています。

感染症が疑われる時は、総合診療科で迅速検査が行われます。特にインフルエンザ、アデノウイルス、肺炎球菌、溶連菌などの迅速検査は、総合診療科でよく行われる検査です。ほかに基本的な尿検査、弁検査、薬物検査なども行われ、さらに必要があれば、専門の診療科で専門的な検査が行われます。

診断がついたら、総合診療科で治療できる内科系の病気は治療を行います。必要があれば、専門の診療科と連携して治療を行います。かかりつけ医や持病で通院している病院と連携したり、リハビリ施設などと連携することもあります。

 

 

◇総合診療科のメリット

どの診療科を受診したらよいかわからず、自己判断で、ある診療科を受診したら、「この症状はこの科ではない」といわれて、改めて別の診療科を受診することが、診断・治療の遅れにつながることがあります。そのようなことが綜合診療科を受診すると避けられ、効率よく診療が受けられます。

どの診療科を受診したらよいかわからないという患者さんのほか、かかりつけ医や持病で通院している病院から、総合診療科に紹介されるケースもあります。持病があって治療中にほかの症状が起こった場合、持病からその症状が起きているのか、持病で使っている薬の影響で起きているのか、新たな病気が起きているのかなど、いろいろな可能性があり、診断が難しいことがあるからです。

 

 

◇医療機関を受診する時

総合診療科に限らず、医療機関を受診するときは、医師に自分の症状や状態などをきちんと告げることが必要です。口頭ですべてを告げようとすると、言い忘れたり、時間がかかったりすることもあります。症状が「いつから、体のどこに、どのような状況で」起きたのか、また、「食事の状態、持病、服用している薬」などについて、また医師に尋ねたいことなども、あらかじめメモして持参するようにしましょう!

 

 

◇メモに書くとよいこと

・症状はいつから?

・どこが痛い(症状のある部位)?

・どのように痛い(症状の内容)?

・どんな状況で起こった?

・食事の状態は?

・食事に対して薬は飲んでいるか?

・持病はある?

・日常飲んでいる薬やサプリメントは何?

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146