人には言えない…でも、なんとかしたい!便失禁!|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

人には言えない…でも、なんとかしたい!便失禁!

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、便失禁についてです。

誰にも言えずに悩むことの多い、排便トラブル。その1つに、弁が漏れてしまう「便失禁」があります。生活の質や精神面にも大きな影響を及ぼすため、勇気を出して受診し、治療に取り組むことが大切です。

 

 

 

 

・高齢になるほど増える排便トラブル

「便失禁」は、無意識のうちに、または意思に反しても便が漏れてしまう排便トラブルです。その症状から、便意を感じず、知らないうちに便が漏れている「漏出性便失禁」と、便意を感じてトイレに行くけども間に合わずに漏れてしまう「切迫性便失禁」に分けられます。これらの両方の症状が現れる「混合型便失禁」もあります。

20〜30歳代で見られることもありますが、年齢が高くなるほど増え、高齢者の10%ほどに起こるとも言われています。

便失禁があると、外出先や旅行先でのトラブルに不安を感じて閉じこもりがちになり、生活の質が低下することがあります。また、自分自身で排泄がコントロールできないことは、精神的にも辛いと感じるものでしょう。

そのため、誰にも相談できずにいたり、医療機関で治せるかどうかや、どこを受診すればよいかが分からずに1人で悩んでいる人が少なくありません。

 

 

・肛門を締める筋肉や神経が十分に働かなくなって起こる

便失禁の最大の原因は、「肛門括約筋や神経の働きの低下」です。肛門の筋肉には、「内肛門括約筋」と「外肛門括約筋」の2種類があります。これらの筋肉が加齢で弱くなると、肛門の締まりが悪くなって便失禁が起こります。また、出産や手術などで、肛門の筋肉や骨盤の神経が傷ついたり、加齢に伴って直腸や肛門の感覚が低下したりすると、便が漏れやすくなります。

 

そのほか、骨盤底筋や神経、腸の病気が原因になることもあります。便失禁は、生活習慣を改めたり、これらに対する治療を行うことで、改善できるものです。1人で悩んでいるのではなく、ぜひ肛門科や肛門外科を受診してください。

 

受診した際には、まず、問診で便失禁の頻度や程度などが確認され、次に病気の有無や括約筋の強さなどを調べる「直腸指診」が行われます。「肛門内圧検査」「排便造影検査」で、肛門周囲の括約筋の働きや便の漏れ具合などを調べることもあります。

 

 

・まずは、食生活の改善や薬で理想的な便を目指す

便失禁を改善するためには、便の形状を良い状態にすることが大切です。一度に排泄する理想的な便は、バナナ1本くらいの太さと量です。便失禁の場合、便は水や泥のような状態や、軟便になっています。そのため食生活では、下痢や軟便を起こしやすい脂っこい食事や水分の取り過ぎを改善するようにします。

 

また、「便形状改善薬」も有効です。小腸内で水分を吸収し、ゲル状になることで便を固形にします。便の通過時間を遅らせて、便が固まりやすくなるよう、「下痢止め薬」が使われることもあります。

 

便秘のために刺激性下剤を服用して下痢になり、それが便失禁の原因となっていることもあります。その場合は、原因となった刺激性下剤の使用をやめて、食物繊維のサプリメントや「塩類下剤」を用いて便秘の症状を改善させます。

 

 

・排便に関わる筋肉を鍛える体操なども効果的

次のような方法で、排便をコントロールする筋肉などに働きかけ、排便を我慢する力を高めるのも効果的です。

 

◇骨盤底筋体操

骨盤底筋を数秒間収縮させる運動を繰り返し、筋力を強化します。

 

◇バイオフィードバック療法

肛門に内圧や筋電図のセンサーを挿入した状態で、肛門を締めます。モニターで肛門の締まり具合を確認しながら、括約筋への適切な力の入れ方を身に付けることができます。

 

◇仙骨神経刺激療法

生活改善や薬、骨盤底筋体操やバイオフィードバック療法などで改善が見られない場合には、骨盤内にある仙骨神経を電気的に刺激し便失禁を改善させる手術的な治療法もあります。心臓ペースメーカのような小さな機械を臀部の皮下に埋め込みますが、体への負担はほとんどありません。

 

 

そのほか、外出時の対策として、市販されている便失禁専用のタンポンを挿入し、便が漏れるのを防ぐこともあります。

 

 

便失禁の原因は様々ですが、どの場合でも、適切な治療を受ければよくなります。

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146