うつ病が治らないあなたに:診断は正確か|羽村市の接骨院

まろん鍼灸接骨院
  • 各種健康保険
  • 労災保険
  • 自賠責保険(交通事故治療)

お問合せはこちら・予約不要

TEL:042-578-9146
  • 8:00~21:00
  •              
  • 木・日曜休診
  • 駐車場完備

はむらん「三矢会館」停留所より徒歩1分

スタッフブログ

うつ病が治らないあなたに:診断は正確か

  • スタッフブログ

こんにちは、まろん鍼灸接骨院です。

今回は、うつ病についてです。

「うつ病」が治らない場合、その背景に何があるのかを考える必要があります。

まず考えるべきなのは、診断についてです。

 

 

 

 

 

・うつ病が治らない背景:大きく分けて4つの理由が考えられる!

うつ病が治らないことは、少なくありません。アメリカで行われた大規模調査では、うつ病の人を対象に「薬物療法」や「認知行動療法」などの治療を行ったところ、症状がなくなった人は67%で、33%は1年以上経っても症状がなくならなかったという結果が出ています。

 

うつ病が治らない場合には、「診断は正確か?」「薬を正しく使っているか?」「うつ病につながる患者さんの考え方や、ストレスの多い環境に対処しているか?」「双極性障害ではないか?」といったことを考えてみる必要があります。

 

 

 

・正確な診断とは:9つの症状の現れ方や継続時間から診断される

うつ病は、患者さんに現れている症状から診断する病気です。

 

中心となるのは、抑うつ気分と興味や喜びの喪失という2つの症状です。それ以外に、食欲の異常(食欲がなくなる場合と過剰になる場合がある)、睡眠の異常(眠れなくなる場合と過剰に眠りたくなる場合がある)、そわそわして落ち着かない、または体が重く感じられる、疲れやすい、自分を責めてばかりいる、思考力や集中力がなくなる、死にたいと思う、といった症状があります。

 

うつ病の診断条件には、中心となる2つの症状のどちらかが必ずあり、さらにそれを含めて5つ以上の症状が必要です。また、その症状がほとんど一日中かつ、2週間以上続く場合に、初めてうつ病と診断されます。

 

 

 

◇うつ病の診断は難しい

うつ病を診断するには、患者さんの話から、症状を探っていく必要があります。そのため、病気かどうかの見極めが非常に難しいのです。

 

また、他の病気でもうつ病の症状が現れることがあります。「不安症」「発達障害」「アルコール依存症」などがそうです。そのほか、「脳梗塞」「認知症の初期」「がん」「甲状腺機能低下症」などでも、うつ病とよく似た症状が現れることがあります。

 

 

 

◇重症度やタイプの見分けも大切

適切な治療が行われるためには、重症度やうつ病のタイプを見分けることも大切です。うつ病の治療は、軽症と中等症・重症に分けて行われるからです。また、うつ病には典型的なタイプであるメランコリー親和型うつ病と、それとは異なる非定型うつ病があります。それぞれに適した治療が行われるので、これを見分けることも大切です。

 

 

 

・重症度に応じた治療:軽症では医師との対話が基本。中等度以上は薬や認知行動療法も

うつ病は、軽症と中等症・重症に分け、次のような治療が行われます。

 

◇軽症の場合

薬物療法や認知行動療法に優先して、次のような治療が行われます。

 

◉患者さんの背景や病態の理解

うつ病は、例えば経済的な状況や、仕事のストレスなどが関係して起きていることがあります。そのような患者さんの背景を理解することや、1人1人の患者さんの病気の状態を理解することが、治療を進める上でまず必要になります。

 

◉支持的精神療法(カウンセリング)

患者さんの話をよく聞くことです。傾聴とも呼ばれます。よく聞き、状況を把握した上で、適切な助言やアドバイスをします。

 

◉心理教育

患者さんに対する教育です。患者さんが落ち込んでいる辛い状態が、うつ病によるものであると説明します。さらに、うつ病とはどのような病気か、どのような治療が行われ、どのように回復していくかを説明します。

 

 

ただし、過去に受けたうつ病の治療で薬が効いた場合には、今回の治療でも薬が検討されます。初めてうつ病と診断された人でも、症状が持続している場合には、薬による治療が行われます。また、睡眠や食欲の障害が重い場合、そわそわする、不安がある、という症状がある場合、患者さん自身が薬による治療を希望する場合も、軽症でも薬が使用されます。

 

 

◇中等症・重症の場合

治療の最初から積極的に薬による治療が行われます。薬は必要に応じて、その種類を2種類まで増やします。

 

薬による治療と並行して、うつ病になりやすい考え方の癖を修正する認知行動療法が行われることもあります。

 

 

 

・うつ病のタイプとは:症状の違いで、典型的なうつ病や非定型うつ病などに分けられる

うつ病には次のタイプがあります。

 

◇メランコリー親和型うつ病

典型的なうつ病で、多くの人が抱いているうつ病のイメージは、このタイプのうつ病に見られるものです。気分がいつも暗く落ち込んでいるのが特徴で、楽しいことがあっても、基本的に気分はいつも変わりません。「食欲がない」「眠れない」「自分を責めてばかりいる」といった症状もあります。

 

◇非定型うつ病

典型的なうつ病とは異なる症状が見られます。典型的なうつ病は、どんなことがあっても気分が落ち込んだままですが、非定型うつ病の場合、楽しいことがあると、そのときだけは気分が明るくなります。このように、気分が反応しやすいのが特徴の1つです。

 

典型的なうつ病では、食欲がなくなり、眠れなくなりますが、非定型うつ病では、「食べすぎる」「眠すぎる」といったことが起こります。このあたりが大きな違いです。体が鉛のように重く感じられ、ベッドから起き上がれない人もいます。対人関係に過敏な人が多いのも特徴です。

 

治療は、薬を使用するのは同じですが、典型的なうつ病に比べ、薬がやや効きにくいともいわれています。また、対人関係に敏感なので、ストレスの対処法や、対人関係に関するアドバイスなどが、効果的なこともあります。

 

 

 

◇その他のうつ病

「落ち着かない」「そわそわする」など、不安による苦痛を伴ううつ病は、不安自体の解消に努めないと、治りにくいことが分かっています。また、うつ病が進行して、「とても重大な病気にかかっている」「自分はとんでもない罪を犯してしまった」など、妄想的な症状が出てくることがあります。これを精神病性うつ病といいます。この場合には、「抗うつ薬」だけでなく、「抗精神薬」などを併用する治療が行われます。

 

 

最近は「新型うつ病」という言葉がよく使われていますが、これは医学的な病名ではなく、マスコミが生み出した言葉です。定義はあいまいで、非定型うつ病と思われる人も含まれる一方、病気ではない人も含まれている可能性があります。

 

 

 

まとめ

医師と十分なコミュニケーションをとって、自分の症状をしっかり伝えることが正確な診断につながります!

 

 

 

 

羽村市の整骨院ならまろん鍼灸接骨院

「手技中心の治療」「交通事故に強い接骨院」「美容ばり始めました」

土曜、祝日、休日も診療

朝8時〜夜21時まで受付

羽村市双葉町2-1-33

TEL 042-578-9146